ママと赤ちゃんのたべもの絵本 (2) おやさいとんとん

著者 :
制作 : 石倉 ヒロユキ 
  • 岩崎書店
3.81
  • (14)
  • (23)
  • (18)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 232
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (20ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265022328

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1歳5ヶ月、興味なし。

  • 1歳半の娘へ。
    おままごと大好きなので、とってものりのりでトントンしてくれました。

  • 絵には繊細さが、言葉にはリズムがある。おいしそう。

  • 最近、キッチンで隣に踏み台置いてずっと手元を見ている娘。読み始めるとキッチンに行きたがります。おもちゃ箱からまな板取り出してトントン。野菜は割りと好きみたい。でも一番「あー!」と反応するのはフォークとスプーン・・・。(1歳8ヶ月)

  • かわいいしリズムもよいし。大きさが異なっていくのもよい。
    C8793

  • ニンジン、たまねぎ、じゃがいも、ブロッコリーを洗って切ってぶくぶく煮こんで、おやさいカレーのできあがり!
    かわいくておいしそうな絵本。

    できあがりのページで食べる真似をしてあげたら、一歳半息子もニッコニコ。

    満面の笑顔で切り刻まれる野菜たちがシュール。
    あと、細かいけど玉ねぎって皮剥く前に洗わないし、みじん切りのやり方違うよね・・・?

    4歳8か月再読
    ・ブロッコリーはやはり後入れ。
    ・息子「ぼくこのカレー苦手なの。ブロッコリー入ってないほうがいい。」
    ・洗うシーンのじゃがいもは一体何をしているのか 

  • 1歳3ヶ月。ニンジンとブロッコリーが好きなよう。個人的にはニンジンだけぬぎぬぎしてないのが気になる…

  • リズミカルな文章が読みやすい。娘は文章に合わせて踊ったりもする。

  • 2歳2ヶ月の息子のお気に入りです。
    一日に何度も読んで!とせがまれます。

    私はちょっとリズムが読みにくいかな~。
    あと、玉ねぎが皮をぬぎぬぎしてるのはいいのですが
    じゃがいもも皮をぬぎぬぎしているのはちょっと違和感を感じます。(絵では剥くという感じがしない)
    そして人参は皮をぬぎぬぎしていないのも違和感を感じます。(細かいですね。笑)

  • かわいらしいお野菜たちがとんとん切られて美味しいカレーになります。ほんわか絵本。

  • 子どもたちがついトントンっと手を動かして、乗っ
    てくれます。

  • にんじん、たまねぎ、じゃがいも、ブロッコリー。
    絵がやわらかくてかわいいです。
    香りがほわんとたっているカレー、見たら食べたくなりますね。

  • ミーテ

  • 図書館で借りる。読み聞かせ講座に参加したことをきっかけに興味を持つ。
    「にんじんとんとん」や「たまねぎぬぎぬぎ」など言葉がリズミカルに繰り返される場面が面白い。

  • 絵本 ES||マキ

  • 野菜を水でジャブジャブ洗い、トントン切って、最後にはカレーができあがり。
    いただきます!
    というリズミカルな絵本。

    (1歳5ヶ月 図書館 ☆5)
    タマネギとジャガイモが皮を「ぬぎぬぎ」するところを何度もめくって楽しそうに読んでいました。
    ページの紙が厚いので子どもでもめくりやすそうでした。

  • 2歳1ヶ月。たまねぎとジャガイモがぬぎぬぎするところに激しく反応。ぬぎぬぎ?と何度もこのページをめくっていました。

  • 食の細い息子に、食べ物に興味を持ってほしいと思って購入。
    お気に入りで、トントン言ってます。
    ただ、お野菜が笑顔で切り刻まれていくのが、ちょっとシュールです・・・。

  • Iちゃん2歳0カ月で読んだ本。今おもちゃの包丁をもって、おもちゃのお野菜や果物をとんとんしているので借りてみました。ばっちりはまって、楽しそうに「とんとん」と手で切るまねをして読んでいます。あまりに気に入ったみたいなので、図書館で借りたあと購入しました。

  • 1歳5ヶ月くらいの頃に購入。
    娘はこれで「にんじん」など野菜の名称を認識したみたいです。
    これも夫婦で暗唱させられるほど読んでとせがまれた本のひとつ。
    ひとつひとつ野菜を指差しし、その名称を飽きるまで連呼させられたりw
    この本のおかげで1歳6ヵ月の頃に玉ねぎの皮むきのお手伝いができるようになりましたw

  • 「ぼくたちみんな おやさいでーす」というフレーズが好きです。
    赤ちゃんにもなじみのある野菜がでてきて、いいとおもいます。
    離乳食も、「にんじん、にんじん、とんとんとん」などと言いながら作っていると、娘も楽しく待っていられるようです。

  • にんじん、たまねぎ、じゃがいも、ブロッコリーを洗って、とんとん切っておなべでぷっぷくぷーと煮たらやさいカレーのできあがり。
    「にんじん にんじん とんとんとん」とか、「たまねぎ ねぎねぎ ぬぎぬぎぬぎ」とか、言葉にリズムがあって面白いです。

  • 私の趣味で選んだww美味しそうな絵本大好き。

  • カレーもメニューに多いし。リズムのある文章だし。これのおかげでブロッコリーを次女は食べられるようになりました。

全26件中 1 - 26件を表示

著者プロフィール

東京生まれ。幼い頃から植物や動物好きで、現在は草花・野菜を育てながら、犬・息子・夫・ペットのミミズたちの世話を焼いている。
絵本の作品に「ポットくん」シリーズ(福音館書店)、「ママと赤ちゃんのたべもの絵本」シリーズ(岩崎書店)、『おべんとどうぞ』『ゆかいなクレヨンぐみ』(ひさかたチャイルド)等、訳書に『エディのやさいばたけ』(福音館書店)、『おばけなんていないよ!』(偕成社)等がある。


「2017年 『トコトコとこちゃん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

真木文絵の作品

ママと赤ちゃんのたべもの絵本 (2) おやさいとんとんを本棚に登録しているひと

ツイートする