雪のかえりみち (えほん・ハートランド)

著者 : 藤原一枝
制作 : はた こうしろう 
  • 岩崎書店 (2000年1月1日発売)
4.07
  • (11)
  • (10)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :84
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265034581

雪のかえりみち (えほん・ハートランド)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 男の子の成長と周りの人々の優しさが心に染みる。絵も可愛くて好き。

  • いつもはお兄ちゃんと一緒なのに、授業の終わる時間が違うから一人ぼっちの帰り道。雪が降ってバスもなかなか来ないって心細いことったらないですよね。そんな時にまわりのおとなから優しくされる、心暖まるお話。

    手袋を貰ったけど、捨てていいといわれたから捨てたって所が小学生男子の特徴を掴んでいると思いました。

  • 大雪と子供達と働くお母さん。正に大雪日向け!暖かいしそれぞれのキャラクターの姿勢とか雰囲気がとてもよかった〜

  • 幼、小低向け。

  • 2013.1.16 4-3

  • 雪と戯れる。

  • 8分

  • やっぱりはたこうしろうさんの絵ははいいなぁ・・・と思う1冊。

    雪の日のかえりみちって寒いし暗いし心細いんですよねー。

  • てぶくろが、人があたたかいです。

    ストーブがいいです。
    ドライヤーがいいです。
    ホットミルクがとてもあたたかいです。
    うちの家族がみんな大好きなシーンです。

    このときのおにいちゃんがとても素敵です。


    雪の話しなのにあたたかいです。

  • 雪の日の一人ぼっちの帰り道の冒険を描いた言ってしまえば定番のお話。
    でも大人がちゃんとあったかくて安心する。

全17件中 1 - 10件を表示

藤原一枝の作品

雪のかえりみち (えほん・ハートランド)に関連する談話室の質問

雪のかえりみち (えほん・ハートランド)はこんな本です

ツイートする