詩の絵本 教科書にでてくる詩人たち (5) だいち (詩の絵本―教科書にでてくる詩人たち)

著者 :
制作 : 山口 マオ 
  • 岩崎書店
3.17
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265052851

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 谷川俊太郎の詩『だいち』に絵をつけた絵本。
    「だいちのうえに くさがはえ」という第一行から、一行ずつを見開きの絵に対応させている。絵本の工夫として、第三連の最終行「だいちのうえの つかのまに」と、第四連の最初「だいちのうえで あいしあい」を同一の見開きに配置しているが、読み上げるリズムとしてはむしろ、第三連までで一拍おき、詩の主題ともなりうる第四連をうたい上げるほうがふさわしいように思った。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1931年、東京生まれ。1952年、第一詩集『二十億光年の孤独』出版。以後詩、エッセー、脚本、翻訳などの分野で文筆を業として今日にいたる。日本で紹介されているゴフスタインの絵本の数多くを手がける。詩集に『ことばあそびうた』、『みみをすます』、『日々の地図』、『はだか』、 『世間知ラズ』など、エッセー集に『散文』、『ひとり暮らし』、絵本に『わたし』『ともだち』など、詩集に『シャガールと木の葉』、『すき』、『詩の本』、『トロムソコラージュ』などがある。

谷川俊太郎の作品

詩の絵本 教科書にでてくる詩人たち (5) だいち (詩の絵本―教科書にでてくる詩人たち)を本棚に登録しているひと

ツイートする