デルトラ・クエストI (1) 沈黙の森

制作 : 岡田 好恵 
  • 岩崎書店
3.67
  • (68)
  • (72)
  • (131)
  • (9)
  • (4)
本棚登録 : 693
レビュー : 98
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265061518

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小学校のときみんなこぞって読んだよね。
    そのせいでなかなか借りられず、順番はめちゃくちゃに借りられるものから読んでました。
    そのせいでいまだに全部読めてない(けどあきらめた)

  • 小学生の頃にハマっていた本。従来のいわゆる冒険活劇にはあまり見られないような、主人公の人間的な弱さ等も描かれているのでとてもオススメです。小学校中学年ほどの少年にはもってこいですよ(笑)

  • リーフとバルダとジャスミンが七つの宝石を
    取り返しにいく話です。   
    5巻、6巻、1巻の順番で、読んでいます。次はたぶん2巻。       

  • 1

  • デルトラ王国には、国を守る七つの宝石があった。しかし、影の大王によって宝石は奪われ、王国は影の大王に支配されてしまった。
    失われた七つの宝石を求めて、リーフはバルダと共に、宝石が隠されている『沈黙の森』へ向かう。

  • デルトラ王国の国王が死んだ。国王の息子・エンドンと、家臣の子・ジャードは幼い頃からの親友だった。
    王家に伝わる秘宝・デルトラのベルトには7つの宝石がついている。それぞれの宝石には魔力がある。だが、このベルトは影の大王に奪われてしまった。
    あれから、数年後、ジャードは、妻のアンナはデルトラの鍛冶場に住んでいた。ジャードの息子・リーフは、鍛冶場のこじきだったバルダと一緒に、デルトラのベルトの宝石を探しに旅へ出ることになった。
    目指すは「沈黙の森」。ここで、二人は野育ち少女・ジャスミンに出会い一緒に森の奥に進む。すると、黄金色の甲冑を身をつつんだ巨大な戦士が立っていた。戦士の甲冑には大きな黄金色の宝石がはまっていた。
    リーフとバルダとジャスミンは協力しながら、番人・ゴールを倒した。
    そして、彼らはデルトラのベルトに誠実の象徴・トパーズを元の位置に戻した。
    そして、彼らは次の目的地「嘆きの湖」を目指す。

  • 友達のおすすめで読みました。7つの宝石を探すために沈黙の森にいく話です。ちょっと怖いと思ったところもありましたが、楽しくなり最後まで読めました。一つ目の宝石が見つかりよかったと思いました。
    続きがとても気になる作品です。是非読んでみてほしいです。

  • 【S】

  • 私はエミリーロッダはローワンから入ったので、今回も期待して購入
    短いかなあ、と思ってたけど内容がぎっしり詰まってて、かなり面白かった
    それはアニメ化のとこからわかると思うけど
    結構一冊ずつを薄くしたからか子供が読みやすいみたいな感じでブームになったんだよね
    内容もゲームに近い感覚だし、エミリーロッダで質良いし
    児童文学を手軽に読みたいんだったら一番入りやすいかな

  • ファンタジー好きだったからすごい面白く読めた。
    誰でも楽しく読める作品だと思う。本が好きになると思います。

全98件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

オーストラリア在住のファンタジー作家。『リンの谷のローワン』シリーズや『デルトラ・クエスト』シリーズ、『ティーン・パワーをよろしく』『フェアリー・レルム』『ロンド国物語』など多数の人気児童書シリーズを執筆。とくに『デルトラ・クエスト』シリーズは、日本をふくめ全世界で大ヒットし、累計1500万部を突破している。2014~2015年に日本でも出版された『勇者ライと3つの扉』は、デルトラ世界とつながっていたことが判明し、話題を呼んだ。

「2016年 『スター・オブ・デルトラ 1 〈影の大王〉が待つ海へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

デルトラ・クエストI (1) 沈黙の森のその他の作品

デルトラ・クエスト 1 沈黙の森 Audible版 デルトラ・クエスト 1 沈黙の森 エミリー・ロッダ

エミリー・ロッダの作品

ツイートする