デルトラ・クエストI (1) 沈黙の森

制作 : 岡田 好恵 
  • 岩崎書店
3.67
  • (68)
  • (72)
  • (131)
  • (9)
  • (4)
本棚登録 : 693
レビュー : 98
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265061518

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • amasonで子供が好きそうな児童書をいろいろ見ていたら出てきた本。
    割と評価も高いし、一度読んでみたい(自分も…)。表紙はなんかおどろおどろしいが。
    wikiによると、
    全8巻(第1シリーズ)
    全3巻(第2シリーズ)
    全4巻(第3シリーズ)
    (+ファンブック3巻)
    …結構長いな。

    さっそく借りてみたんだが、簡単な漢字にはルビがない…山とか漢数字とか。
    漢字の読めない1年生にはさすがに無理な本でした。3年生ぐらいからといった感じかな。残念。

  • なぞなぞを解かなければ橋を渡れない・・・まさに小学生にはうってつけの内容だ。
    ハラハラドキドキの幕開けとなる第1巻。
    主人公たちと冒険の旅に出よう。

  • あと一冊!それは、「うごめく砂」!

  • デルトラ王国には、国を守る七つの宝石があった。しかし、影の大王によって宝石は奪われ、王国は影の大王に支配されてしまった。
    失われた七つの宝石を求めて、リーフはバルダと共に、宝石が隠されている『沈黙の森』へ向かう。
     『ローワン』シリーズとはまた違った、冒険小説です。

  • 本に嵌ったきっかけの二番目の作品です。
    読み易く、それでいてとても引き込まれる文章です!
    ハラハラして止まない内容ですね。
    子供から大人まで楽しめる、冒険ファンタジーと言う感じでしょうか?
    主人公リーフが息を潜めているときには、同じように潜めてしまう…読んでいてとてもドキドキします!

  • 冒険の始まり。
    ふりがなもついているし、これなら3年生前後で、読書好きな子供は楽に読めるでしょう。
    物語のすすみ方も早い。描写が少なく、わかりやすい。

  • デルトラ王国を守る七つの宝石が影の大王に奪われ、王城が乗っ取られた。国を救うため、少年リーフが冒険の旅に出る。展開が早くて読みやすいのですが、一部で上下巻くらいにまとめてくれると更に読みやすくなりそうです。

  • 宝石が、影の大王にうばわれ、デルトラを救うため1枚の地図をたよりに、少年が冒険の旅に出るという物語!読んでると自分も冒険している感じがします。

  • RPGのゲームが好きな人はハマります。次の展開が気になるのでサクサク読めます。まだ一話だけなので全体的な評価は出来ませんが面白いです。

  • デルトラ王国に伝わる「七つの宝石」が、影の大王に奪われた。デルトラを救うため少年リーフが1枚の地図を頼りに冒険の旅に出る。友情と闘いのファンタジー。

全98件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

オーストラリア在住のファンタジー作家。『リンの谷のローワン』シリーズや『デルトラ・クエスト』シリーズ、『ティーン・パワーをよろしく』『フェアリー・レルム』『ロンド国物語』など多数の人気児童書シリーズを執筆。とくに『デルトラ・クエスト』シリーズは、日本をふくめ全世界で大ヒットし、累計1500万部を突破している。2014~2015年に日本でも出版された『勇者ライと3つの扉』は、デルトラ世界とつながっていたことが判明し、話題を呼んだ。

「2016年 『スター・オブ・デルトラ 1 〈影の大王〉が待つ海へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

デルトラ・クエストI (1) 沈黙の森のその他の作品

デルトラ・クエスト 1 沈黙の森 Audible版 デルトラ・クエスト 1 沈黙の森 エミリー・ロッダ

エミリー・ロッダの作品

ツイートする