デルトラ・クエストI (1) 沈黙の森

制作 : 岡田 好恵 
  • 岩崎書店
3.67
  • (68)
  • (72)
  • (131)
  • (9)
  • (4)
本棚登録 : 693
レビュー : 98
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265061518

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <pre>人生初めて真剣に読んだ小説です。
    西洋ファンタジースキーな自分にとってこの本はものすごい転機だと思いました。
    キャラクター一人一人が個性的で状況説明もすごく分かりやすいです。
    持てる想像の範囲が幅広いので即ハマってました。
    そして物語のうえでの裏切りが衝撃的すぎる(苦笑</pre>

  • まあまあかな・・・。
    でも続きは気になる。

  • 祝アニメ化<BR>
    漫画化は既にされています<BR>
    日本だけでなく海外でも人気があり、イラストブックなどもあります。

  • 最初気づかなくて、読み終えて確認してわかりました;作者の本は冒険も面白いですがなぞなぞがおりこまれているところが好きです。

  • デルトラ王国を守っていた7つの宝石が影の大王に奪われます。
    そこで王の親友ジャードの息子であるリーフが宝石を取り戻しに旅に出ますが・・・

  • 児童書だから漫画のように簡単に読める。でもおもしろい。

  • クールでかっこいいストーリー。冒険あり、戦いあり、宝探しあり、謎解きもあり、ヒーリングキャラあり。これはRPGゲームそのものです。

  • まだ5巻くらいまでしか読んでないけどおもしろいです。

  • 結構長いシリーズです。ほんと面白いですよ!!!

  • バルダが大好きなんです。何か文句でも?

全98件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

オーストラリア在住のファンタジー作家。『リンの谷のローワン』シリーズや『デルトラ・クエスト』シリーズ、『ティーン・パワーをよろしく』『フェアリー・レルム』『ロンド国物語』など多数の人気児童書シリーズを執筆。とくに『デルトラ・クエスト』シリーズは、日本をふくめ全世界で大ヒットし、累計1500万部を突破している。2014~2015年に日本でも出版された『勇者ライと3つの扉』は、デルトラ世界とつながっていたことが判明し、話題を呼んだ。

「2016年 『スター・オブ・デルトラ 1 〈影の大王〉が待つ海へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

デルトラ・クエストI (1) 沈黙の森のその他の作品

デルトラ・クエスト 1 沈黙の森 Audible版 デルトラ・クエスト 1 沈黙の森 エミリー・ロッダ

エミリー・ロッダの作品

ツイートする