デルトラ・クエストI (2) 嘆きの湖

制作 : 岡田 好恵 
  • 岩崎書店
3.59
  • (32)
  • (37)
  • (83)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 439
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265061525

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 友達に薦められて読み始めたデルトラ・クエストの二巻です。二つ目の宝石を探して旅に出ました。行く場所には敵がたくさんいるが倒していき二つ目の石をとることができました。次の巻もすぐに読みたいです。

  • 【S】

  • 二つ目の宝石を捜しに行く主人公たちであったが、魔女の支配している場所についてしまう。
    この作品も1話同様、すらすら読めました。やっぱり面白いです。

  • 2003 2 23

  • (小学生)

  • y

  • 表紙がキレイ。グロいけど。

  • 美しい黄金色の体の王と、妃は、邪悪な魔法で魚の化物と岩に変えられてしまった。
    無事に宝石は取り返すことができるのか?

  • デルトラクエスト二巻め!

  • 影の大王に支配されてしまったデルトラ王国を救うため、七つの宝石を探す旅に出たリーフとバルダ。
     「沈黙の森」で出会った少女ジャスミンと共に、次の宝石を求めて「嘆きの湖」へと向かう。しかし、「嘆きの湖」の周辺は、魔女テーガンが支配していた。そして、彼らの行く手を阻む巨人が現れる。
     
     ちょっとしたなぞなぞが出てくるところが、新鮮で面白いです。しかも、3人が沼にはまってニジとドッジに助けられている場面は、後から読み返すと見方が180°変わって面白かったです。

全37件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

オーストラリア在住のファンタジー作家。『リンの谷のローワン』シリーズや『デルトラ・クエスト』シリーズ、『ティーン・パワーをよろしく』『フェアリー・レルム』『ロンド国物語』など多数の人気児童書シリーズを執筆。とくに『デルトラ・クエスト』シリーズは、日本をふくめ全世界で大ヒットし、累計1500万部を突破している。2014~2015年に日本でも出版された『勇者ライと3つの扉』は、デルトラ世界とつながっていたことが判明し、話題を呼んだ。

「2016年 『スター・オブ・デルトラ 1 〈影の大王〉が待つ海へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エミリー・ロッダの作品

ツイートする