デルトラ・クエストI (2) 嘆きの湖

制作 : 岡田 好恵 
  • 岩崎書店
3.59
  • (32)
  • (37)
  • (83)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 439
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265061525

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まだ息子が小学校低学年の頃にせがまれて買い、息子と一緒に読みました。学校図書館にもあります。

    冒険ファンタジーですが、内容的には小学校低学年向き。ストーリーは面白いものの物語の深さがないのが残念。

    同じ著者のローワンシリーズの方が断然面白いです。

  • 表紙がキレイ。グロいけど。

  • 影の大王に支配されてしまったデルトラ王国を救うため、七つの宝石を探す旅に出たリーフとバルダ。
     「沈黙の森」で出会った少女ジャスミンと共に、次の宝石を求めて「嘆きの湖」へと向かう。しかし、「嘆きの湖」の周辺は、魔女テーガンが支配していた。そして、彼らの行く手を阻む巨人が現れる。
     
     ちょっとしたなぞなぞが出てくるところが、新鮮で面白いです。しかも、3人が沼にはまってニジとドッジに助けられている場面は、後から読み返すと見方が180°変わって面白かったです。

著者プロフィール

オーストラリア在住のファンタジー作家。『リンの谷のローワン』シリーズや『デルトラ・クエスト』シリーズ、『ティーン・パワーをよろしく』『フェアリー・レルム』『ロンド国物語』など多数の人気児童書シリーズを執筆。とくに『デルトラ・クエスト』シリーズは、日本をふくめ全世界で大ヒットし、累計1500万部を突破している。2014~2015年に日本でも出版された『勇者ライと3つの扉』は、デルトラ世界とつながっていたことが判明し、話題を呼んだ。

「2016年 『スター・オブ・デルトラ 1 〈影の大王〉が待つ海へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エミリー・ロッダの作品

ツイートする