デルトラ・クエストI (4) うごめく砂

制作 : はけた れいこ  岡田 好恵 
  • 岩崎書店
3.57
  • (31)
  • (23)
  • (75)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 400
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265061549

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • つかれた体をひきずって旅をするリーフたち。めざすは「うごめく砂」。砂の前に立つ石碑の言葉をたよりに、3人は広大な砂丘にふみこんだ。そこで見にしたものは…。

  • 「デルトラ・クエスト」は、安心して読んだり、読ませたりできる本だなぁと思います。

    表紙だけが、なんであんなに、グロいのかと疑問に思いますが……。

    あの表紙だけで、大人の多くは敬遠すると思います。でも、子どもの何割かは、あの絵で買うのかなぁ。

    まぁ、安心して読めるというのは、それ以上ではないということでもあります。そのあたりは、不満は残りますが……。
    だから、第1部を読んだら、第2部、第3部にはすすまないかなぁ。

  • (小学生)

  • ん、面白い。
    冒険はさらに進む。
    危険が一杯、だけど話の都合上うまく行く、っていう感じでなく、つい物語に引き込まれ、あっという間に読み終わってしまう。

  • ネズミに荷物をあらかた食い荒らされてしまったリーフ達は、路銀を稼ぐためにリスメアの競技大会に挑戦する。4つ目の宝石が待つ「うごめく砂」に3人は無事に辿り着くことが出来るのか。どんどん表紙がえぐくなってまいりました。

  • 内容は面白いのだがボリュームが少なく感じました。でも面白いです。

  • デルトラの中で、一番好きです☆

著者プロフィール

オーストラリア在住のファンタジー作家。『リンの谷のローワン』シリーズや『デルトラ・クエスト』シリーズ、『ティーン・パワーをよろしく』『フェアリー・レルム』『ロンド国物語』など多数の人気児童書シリーズを執筆。とくに『デルトラ・クエスト』シリーズは、日本をふくめ全世界で大ヒットし、累計1500万部を突破している。2014~2015年に日本でも出版された『勇者ライと3つの扉』は、デルトラ世界とつながっていたことが判明し、話題を呼んだ。

「2016年 『スター・オブ・デルトラ 1 〈影の大王〉が待つ海へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

デルトラ・クエストI (4) うごめく砂のその他の作品

デルトラ・クエスト 4 うごめく砂 Audible版 デルトラ・クエスト 4 うごめく砂 エミリー・ロッダ

エミリー・ロッダの作品

ツイートする