デルトラ・クエスト〈6〉魔物の洞窟

制作 : はけた れいこ  岡田 好惠 
  • 岩崎書店
3.49
  • (22)
  • (21)
  • (71)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 378
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265061563

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 仲間を思う気持ちがいいと思った。

  • リーフ達はレジスタンスの少年デインと出会い、そのアジトでジョーカーと再会する。その後魔物の洞窟を目指して川を下った一行は途中で何者かに襲われ、デルトラのベルトを奪われてしまう。新たな敵・オルの存在がリーフ達の行く手を脅かします。

  • 6つ目の宝石を探すために魔物の洞窟に向かって進んでいくリーフ、バルダ、ジャスミンは旅をしている途中でオルという変な化け物に襲われました。しかしレジスタンスのデインに助けられました。一度レジスタンスにつかまってしましますが、デインが助け一緒にトーラの町を目指します。海賊に狙われたり、魔物に狙われたりしてデインとはなれてしまうが、6つ目の宝石を取り戻すことができました。そして旅は続きます。

  • リーフ達はトル川沿いを歩いていると、レジスタンス(影の大王を抵抗する集団)の一員のデインと出会う。そして、デインと一緒にレジスタンスに行くことになる。その後、デインと一緒に旅に出ることになった。途中、ルーカス・スカールに出会う。トル川沿いを歩いていると遠くからリバー・クイーン号が来て、リーフ達はその船に乗り込んだ。そして、夜、夜襲に遭いデルトラのベルトを海賊に盗まれてしまった。彼らは、海賊が残した地図を辿って魔物の洞窟へ向かった。
    その洞窟には、魔物・グルー(巨大な青白いナメクジ)が番人だった。リーフ達は洞窟の奥に進んだ。すると、入洞の中にアメジストが入っていた。リーフは入洞を壊し、真実を司るアメジストを手に入れた。

  • 【S】

  • 今回はいろんな敵が出て来て、先が読めない分楽しく読めました。新しい仲間も加わりこれからの冒険楽しみになりました。ハラハラドキドキです。

  • こんなにおもしろい児童書…!さきがどうなるのか読めなくてのめり込む。

    つぎつぎ読みたくなる。冒険ものではダントツベスト!

  • (小学生)

  • 魔物と、オルという怪物が出るはなしです。

  • いやぁ、個性的な人が次々に登場するなぁ。
    ミルンだったか、ちょっとかわいそうだったけれども、重ねてきた悪事を考えると仕方ないのか??今回の冒険はちょっと気持ちが悪かった。映像にしたら、恐ろしいと思う。

全25件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

オーストラリア在住のファンタジー作家。『リンの谷のローワン』シリーズや『デルトラ・クエスト』シリーズ、『ティーン・パワーをよろしく』『フェアリー・レルム』『ロンド国物語』など多数の人気児童書シリーズを執筆。とくに『デルトラ・クエスト』シリーズは、日本をふくめ全世界で大ヒットし、累計1500万部を突破している。2014~2015年に日本でも出版された『勇者ライと3つの扉』は、デルトラ世界とつながっていたことが判明し、話題を呼んだ。

「2016年 『スター・オブ・デルトラ 1 〈影の大王〉が待つ海へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エミリー・ロッダの作品

ツイートする