デルトラ・クエストI (7) いましめの谷

制作 : はけた れいこ  岡田 好恵 
  • 岩崎書店
3.55
  • (23)
  • (25)
  • (66)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 368
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265061570

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いましめの谷の番人の名前を解いた瞬間の衝撃がすごい。
    でもその後で、あれ?ってなって、ちょっと理解するのに時間がかかった。
    6巻までだるかったけど、ちょっと持ち直した。

  • 宝石探しも、最後の一個(ダイヤモンド)となった。それを求めて、リーフを中心とした3人組は「いましめの谷」に向かう。ここで会った薄気味悪い老人から命をかけたクイズを挑まれる。そのクイズをは「私の名前を当てよ」。さまざまなヒントから名前を当て、ダイヤモンドを手に入れる。 さすがに7巻まで来ると、作者や訳者がこなれてきたのか、伏線や読者に対するトラップが多くなりなかなか面白い。また、名前当てクイズを日本語に見事に訳した訳者の技術にも感心した。

  • リーフたちは、トーラの街にたどりついた。トーラの街は美しく、影の大王の支配など、まったくおよんでないようにみえる。街に人の姿がないことをのぞいては―。トーラの人びとはどこへ消えた。

  • いましめの谷

  • 謎解きが特にたくさんあって面白かったです

  • 読了。

  • 2012年2月12日

    <DELTORA QUEST 7:The Valley of the Lost>
      
    画家/はけた れいこ

  • まだ息子が小学校低学年の頃にせがまれて買い、息子と一緒に読みました。学校図書館にもあります。

    冒険ファンタジーですが、内容的には小学校低学年向き。ストーリーは面白いものの物語の深さがないのが残念。

    同じ著者のローワンシリーズの方が断然面白いです。

  • 宝石探しも、最後の一個ダイヤモンドとなった。それを求めて、リーフを中心とした3人組は「いましめの谷」に向かう。ここで会った薄気味悪い老人から命をかけたクイズを挑まれる。そのクイズをは「私の名前を当てよ」。さまざまなヒントから名前を当て、ダイヤモンドを手に入れる。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

オーストラリア在住のファンタジー作家。『リンの谷のローワン』シリーズや『デルトラ・クエスト』シリーズ、『ティーン・パワーをよろしく』『フェアリー・レルム』『ロンド国物語』など多数の人気児童書シリーズを執筆。とくに『デルトラ・クエスト』シリーズは、日本をふくめ全世界で大ヒットし、累計1500万部を突破している。2014~2015年に日本でも出版された『勇者ライと3つの扉』は、デルトラ世界とつながっていたことが判明し、話題を呼んだ。

「2016年 『スター・オブ・デルトラ 1 〈影の大王〉が待つ海へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エミリー・ロッダの作品

デルトラ・クエストI (7) いましめの谷を本棚に登録しているひと

ツイートする