デルトラ・クエストI (8) 帰還

制作 : はけた れいこ  岡田 好恵 
  • 岩崎書店
3.69
  • (34)
  • (22)
  • (62)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 373
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265061587

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最後の方で、ベルトを片手に右往左往する様が面白い。
    読者も一緒に、誰がベルトの正当な持ち主かを考えながら読むので、結構疲れる。
    真のベルトの持ち主をああでもないこうでもないと考えていたが、最終的なネタばらしに、ええええ!!!!となった。ちょっと設定に無理があるような気がしないでもないが(いや、かなり…)、そのトリックは思いつかなかったので衝撃的ではあった。
    最後にご都合主義的に殺されてしまうあの人が不憫だと思った。仕方がないのかもしれないが。生きてすることもあったろうと思う。
    最後にジョーカーがいっぺんに好きになった。笑
    3巻から6巻くらいまで同じことの繰り返しなので結構だるいが、最後に謎が解けるので、最後まで読み終えると満足感がある。途中の巻でだるくなって覚えきれなかった人々が後にたくさん出てきて、一体誰だったのか分からず戸惑った。笑

    ⅠよりⅡの方が面白いので、Ⅰを読了した人には、Ⅱを読むことをおすすめする。

  • 7巻までに7つの宝石がそろい、デルトラのベルトが完成した。この巻はそのベルトの力を引き出せるデルトラの王子を探し出す旅である。普通の思考能力の持ち主ならば、5巻目ぐらいからちょろちょろ出てきたデインが怪しいと思うはず。2番の候補は初巻から登場しているジャスミン。しかし、実際は・・・。 この手のファンタジーには、よい意味での裏切りは必要。という意味でこの巻は成功作と言える。

  • ついに7つの宝石がそろった。しかしデルトラのベルトは、国王の子が身につけなければ力をもたない。王の子をさがして最後の賭けに出るリーフたち。せまりくる影の大王の魔手。いま、真実が明らかになる…。

  • なんとなくそうかなと思ってたのと全然違った。
    あ、あれがこうなるのかって感じ。
    面白い。
    次に続くようにあれで終わったのかも。
    次のも読むから。S12

  • 帰還

  • 我也那样想。小叶是王子。DELTORA:7宝石

  • 読了。

  • 子供よりも、私の方がはまってしまいました。主人公3人のダメっぷりにはらはらドキドキ、久しぶりにわくわくしました。面白かったです。

  • 全ての宝石を取り戻し、影の大王を倒すべくデル城へと向かう巻。
    ベルトの謎やベルトの真の後継者などが明らかになる。

    大人には物足りないのかもしれないけれど、昔のゲームのような王道なストーリーに安心する。

    こどもにウケるのも理解できる。

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

オーストラリア在住のファンタジー作家。『リンの谷のローワン』シリーズや『デルトラ・クエスト』シリーズ、『ティーン・パワーをよろしく』『フェアリー・レルム』『ロンド国物語』など多数の人気児童書シリーズを執筆。とくに『デルトラ・クエスト』シリーズは、日本をふくめ全世界で大ヒットし、累計1500万部を突破している。2014~2015年に日本でも出版された『勇者ライと3つの扉』は、デルトラ世界とつながっていたことが判明し、話題を呼んだ。

「2016年 『スター・オブ・デルトラ 1 〈影の大王〉が待つ海へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エミリー・ロッダの作品

デルトラ・クエストI (8) 帰還を本棚に登録しているひと

ツイートする