デルトラ・クエスト2 (1) 秘密の海

制作 : 岡田 好恵 
  • 岩崎書店
3.55
  • (20)
  • (23)
  • (62)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 311
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265061617

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本書は、3巻からなるデルトラ・クエスト第2章の一巻目。デルトラの王に即位したリーフは、国の建て直しに奔走しながら、影の大王に連れ去られたデルトラの人々を連れ帰るべく画策する。 どうすれば影の大王を倒せるのか?デルトラの歴史書によるとピロの笛があればよいらしい。では、ピロの笛は今いずこ。3つの部族が、笛を3つにばらして、それぞれが持っているらしい。3つの部族を回ってすべてを集めよう。おっ、これは第一章と同じ展開ではないか。ということでいつか来た道をもう一度。

  • 影の大王を追いはらうことに成功したデルトラ王国。だが、安息の日はまだ遠い。影の王国に連れ去られたデルトラ国民を助け出すため、リーフの新たな冒険が始まる!影の王国に捕らわれたデルトラの人びとを救う伝説の「ピラの笛」はいずこに!?国王リーフの苦闘はつづく…。

  • リーフの子どもの話になるのかと思ったら、リーフがそのまま出てきた。
    最初はあんまりだったけど、途中からデルトラっぽくなってきた。
    なんで?なんで、ベルトの力使わないかな。S12

  • 秘密の海

  • 読了。

  • またも子供が借りてきたのを借り読み。お兄ちゃんは、ジャスミンむかつく!前よりむかつく!とご立腹でした(苦笑)

  • 2012年11月17日

    <DELTORA QUEST 2:#1 CAVERN OF THE FEAR>
      
    画家/はけた れいこ

  • 冒険をする、素敵な話です
    面白いです

  • まだ息子が小学校低学年の頃にせがまれて買い、息子と一緒に読みました。学校図書館にもあります。

    冒険ファンタジーですが、内容的には小学校低学年向き。ストーリーは面白いものの物語の深さがないのが残念。

    同じ著者のローワンシリーズの方が断然面白いです。

  • 「おれはなあ……ジャスミン……おまえさんを何度も、チビだの……小娘だのとよんだが……あれは……本心じゃない……からかっていただけだ」グロックは、かすれ声でつづけた。「おまえさんは……ジャリス族の……心をもっている。おれの守り袋を……首からはずしてくれ。いまからは、おまえのものだ。これがおまえを守ってくれるだろう」

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

オーストラリア在住のファンタジー作家。『リンの谷のローワン』シリーズや『デルトラ・クエスト』シリーズ、『ティーン・パワーをよろしく』『フェアリー・レルム』『ロンド国物語』など多数の人気児童書シリーズを執筆。とくに『デルトラ・クエスト』シリーズは、日本をふくめ全世界で大ヒットし、累計1500万部を突破している。2014~2015年に日本でも出版された『勇者ライと3つの扉』は、デルトラ世界とつながっていたことが判明し、話題を呼んだ。

「2016年 『スター・オブ・デルトラ 1 〈影の大王〉が待つ海へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エミリー・ロッダの作品

デルトラ・クエスト2 (1) 秘密の海を本棚に登録しているひと

ツイートする