デルトラ・クエスト2 (2) 幻想の島

制作 : 岡田 好恵 
  • 岩崎書店
3.52
  • (19)
  • (17)
  • (56)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 277
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265061624

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 笛の2個目のパーツを探しに、次の島へ3人のパーティが旅立つ。相変わらず、パーツ探しとは関係ないところで死にかけるが例の如く奇跡的幸運で事なきを得る。その後、このパーツを持つ部族ともめるものの珍しく、平和的手段でパーツを手にする。めでたしめでたし。

  • 伝説のピラの笛はどこに?
    ピラの笛を求めて旅を続けるリーフたちは伝説のピラの民、オーロン族に出会う。しかし彼らの手にあるべきピラの笛は失われていた。『幻想の島』で3人を待つものは…?

  • 幻想の島

  • 読了。

  • 2012年11月18日

    <DELTORA QUEST 2:#2 THE ISLE OF ILLUSION>
      
    画家/はけた れいこ

  • まだ息子が小学校低学年の頃にせがまれて買い、息子と一緒に読みました。学校図書館にもあります。

    冒険ファンタジーですが、内容的には小学校低学年向き。ストーリーは面白いものの物語の深さがないのが残念。

    同じ著者のローワンシリーズの方が断然面白いです。

  •  かつて、ドームの裂け目だったところに、ペンが息を切らして立っていた。その手に、骨でできたモリを不器用ににぎりしめ、泣きわらいをしながら。

  • 【S】

  • 2004 1 9

  • (中学生)

  • 夢のような世界を作り出し、争いごとや死、良くない事は全て排除してしまった男。
    しかし、その世界が現実ではないことに気づかされたとき、もろくも崩れ去った。
    またしても巨大な蜘蛛のような怪物と戦うのか?
    笛のかけらは手に入れることが出来るのだろうか?

  • デルトラ王国の地下に広がる秘密の海を旅し、ピラの笛を完成させようとしているリーフたち。ジャスミンの不信感をひしひしと感じながらも国王としての使命を全うしようとあえて板ばさみに耐えているリーフの成長を感じます。ピラの笛も吹き口、胴の2つがそろい、あとはもう一つ。続きが早く読みたいです。

  • ピラの笛を貸してもらうために新たな部族との出会い。そしてデルトラ城内での紛争。とにかく目が離せません。次作で完結なので読むしかないでしょ!!

  • デルトラ第二幕、二巻!
    冒険を続ける ―― いや、つづけなければならないリーフ達。
    ピンチに陥ったりしている中、リーフの故郷であるデル城では、とんでもない噂が? さまざまな感情が、謎が入り乱れる第二巻! 先が待ち遠しいですね。

  • 平田の図書館にて。

  • 国王の息子リーフ・腹心の友バルダ・野育ちの娘ジャスミンの
    デルトラ王国を守るための旅第二弾、2巻目。

    この第二段では、リーフはリーフで秘密を抱え(国を守るため)、
    ジャスミンはジャスミンでそんなリーフに対する不信感が芽生えたところで
    影の大王の策略にはまって間違った思い込みをし、
    二人の信頼関係に溝ができる、というのが全体にちりばめられています。
    たぶん、二人の誤解がとけてますます強い絆で結ばれることになるのですが
    それは3巻目のお楽しみとしましょう。

    いやぁ、この三人が本当に、誠実で正直で勇気があって機転が利いて
    すばらしいんだな。第二段はそれほどでもないけれど、第一弾は
    全8巻、一気系でした(笑)。クイズとかなぞなぞとか暗号とかでてきて
    小学生の子供にはわくわくどきどきが止まらないんだな!


    実は2年ほど前にも友人に借りて読みました。今回も、「これ面白いよ、貸してあげる」と友人が持ってきたので読みました。
    今は会うことのない、2年前に貸してくれた友人のことをしみじみ思い出しながら読みました。

  • ピラの笛を求めて旅をつづけるリーフたちは、ドランの地図の2つ目の島・オーロン島をめざす。だが、そのころデル城には、とんでもない話が伝えられていた…。国王リーフに試練はつづく。シリーズ第2弾。

  • 2作目〜!

全18件中 1 - 18件を表示

著者プロフィール

オーストラリア在住のファンタジー作家。『リンの谷のローワン』シリーズや『デルトラ・クエスト』シリーズ、『ティーン・パワーをよろしく』『フェアリー・レルム』『ロンド国物語』など多数の人気児童書シリーズを執筆。とくに『デルトラ・クエスト』シリーズは、日本をふくめ全世界で大ヒットし、累計1500万部を突破している。2014~2015年に日本でも出版された『勇者ライと3つの扉』は、デルトラ世界とつながっていたことが判明し、話題を呼んだ。

「2016年 『スター・オブ・デルトラ 1 〈影の大王〉が待つ海へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エミリー・ロッダの作品

デルトラ・クエスト2 (2) 幻想の島を本棚に登録しているひと

ツイートする