デルトラ・クエスト3 (4) 最後の歌姫

制作 : 上原 梓 
  • 岩崎書店
3.76
  • (26)
  • (21)
  • (41)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 264
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265061679

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • デルトラクエスト読了!!
    面白かったです。
    Ⅰ,Ⅱ,Ⅲとあるが、進むにつれて面白くなると思う。
    主人公たちに思い入れが出てくるせいもあるのかもしれないが、ⅠよりもⅡが、ⅡよりもⅢが面白い。だが、話は時系列になっているので、Ⅰを飛ばしてⅢを読むわけにもいかない。その点が悩ましい。
    20歳くらいの人に、「自分が子どもの頃に流行っていたが、自分は読んでいない。今からでも読み直すべきか?」と聞かれたが、20歳で読み返すに値するかと問われると答えに困る。恐らく、読むべきものはもっと他にもたくさんあるから。それでも、大人が読んでもそこそこ楽しめる内容にはなっているし、何よりやはり子供向きなので読みやすいのがよい。読書の苦手な自分でも読むことが出来た。そして、子供向きにもかかわらず、割とダークファンタジーなイメージがある。影の王国の悪はどこまでも悪だし、人々は結構容易に死ぬ。子供向けのご都合主義な面もなきにしもだが、それにしては、色々な人の死にざまが生々しく、さほど易しい世界ではない。
    特に最終巻では、名もなき人も含めたくさんの人が亡くなっているし、自分の好きなキャラクターも亡くなってしまってショックだった。
    物語には多くの謎解きがあるが、この最終巻もやはり最後まで、誰が敵か分からないようにされている。もしかしてあの人が!!!??と思わせておいて、でも…!??みたいな大どんでん返しが面白い。ⅠもⅡもⅢも、最終巻の醍醐味はそれだ。
    加えて、Ⅲはドラゴンの存在がとてもよい。最終ドラゴンの力やんと思わなくもないが、やはり人外の絶対的な力というのは魅力的なものである。
    Ⅲは歌姫を巡る冒険だが、各所を巡って次々とボスを倒していくストーリーは古き良きRPGを思わせて感慨深い。お約束をドラマティックに、壮大に、だが分かりやすく描いていて、私は好きだ。

  • デルトラ3章の最終巻にして、最後の歌姫との戦い。 最後の歌姫は、予想通りデルの王宮の中。これに気づいたリーフは敢然と歌姫に立ち向かう。これを手助けするため駆け付けた竜は、城の兵士の抵抗(彼らは竜が城を襲いに来たと勘違いした)にあい助力できない中、リーフはデルトラのベルトの力を頼りに戦う。が、いよいよここまでか、となった時、なぜか歌姫の力が弱まっていく。これを機に逆転し、さらに竜の助力を得たリーフはこの歌姫を倒す。めでたし、めでたしとなった時、リーフは一人釈然としない。なぜ、歌姫の力が突然弱まったのか・・・ 最後のどんでん返しがリーフたちの目の前に現れる。 

  • のこる歌姫はあと一つ。リーフに、さらなる災いがふりかかる。デルトラの真の平和をめざして戦うリーフ達の前に、最大にして最後の罠が…。デルトラワールドいよいよ完結!

  • 面白い!
    最後の最後までドキドキした。

    フォーチュンってなに?
    ベリタスって?
    ドラゴンの名前、覚えたいんだよね。S12

  • 最後の歌姫

  • ジョーカーやリーフがたびをしたが、とちゅうで死んだりする話です。

  • おわっちゃった!でもここまでのシリーズどれも全部が面白くて、ハズレは一冊もない( ^ω^ )ちょーー楽しめた
    大好き!

  • 2013年4月21日

    <DELTORA QUEST 3:#4 THE SISTER OF THE SOUTH>
      
    画家/はけた れいこ

  • 最後の最後までドキドキさせられました。面白かったです。
    私自身も、東の歌姫が倒されたときに、どうしてわざわざ次の歌姫の地図を残してるんだろう?と疑問に思ったのですが、まあ子供の本だし、とさらっと流してしまっていたので、リーフと同じかそれ以上にショックでした。くそー!

  • 読了。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

オーストラリア在住のファンタジー作家。『リンの谷のローワン』シリーズや『デルトラ・クエスト』シリーズ、『ティーン・パワーをよろしく』『フェアリー・レルム』『ロンド国物語』など多数の人気児童書シリーズを執筆。とくに『デルトラ・クエスト』シリーズは、日本をふくめ全世界で大ヒットし、累計1500万部を突破している。2014~2015年に日本でも出版された『勇者ライと3つの扉』は、デルトラ世界とつながっていたことが判明し、話題を呼んだ。

「2016年 『スター・オブ・デルトラ 1 〈影の大王〉が待つ海へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エミリー・ロッダの作品

デルトラ・クエスト3 (4) 最後の歌姫を本棚に登録しているひと

ツイートする