ロンド国物語 (2) おとぎの森

  • 岩崎書店
3.91
  • (5)
  • (10)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 77
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265061822

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 冒険が始まる

  • やっぱり2冊目も、レオ君が一生懸命考えてるのに世界は「無謀な勇者」を求めているように感じてゾワゾワする。
    途中、やっと「二人で助け合わなきゃ無理だ」と気づいたのは、やっとレオが報われる時が来たと感じた。
    今後はどうなって行くのか。ミミはもっとレオの言うことに耳を傾けるようになるのか。

    「ガキ」と呼ばれる不思議生物が何なのか分からなくて、話がうまく飲み込めない。まっくろくろすけみたいなもの?

    ネズミはただの郵便配達員で、結局誰が警告を送ったのか(自分が送ったといってる人はいるけども)。

    あとは…今回敵だと思われてる人物はハッキリと「女王の手下」とは言われてないし、一族が女王に酷い目に遭わされたとあったので、敵ではないんじゃないかなーと思ってる。

    とにかく、やっと中盤から1冊目で感じていたレオ君が考えてることが悉く否定されていく感じが無くなってきて、俄然読み進める気になってきた。

  • ロンド国物語2巻。つづきものなのでやっぱり最後まで読もう。
    あいかわらず主人公のレオとミミが好きになれない。そして周りは敵ばかり…。
    ブタのバーサが可愛くて強くて好きだ。

  • ミミの愛犬マットを救うため、オルゴールの国ロンドへときたレオとミミ。
    彼らに警告のメモを送ったという男コンカーと、カモのフリーダ。青の王妃からマットを取り返すのを手伝ってくれるという。しかし、ひらひら森で・・・・
    森を抜けた2人は、農場で、バーサと名乗るブタに出会った。

    このバーサが、愉快です。おしゃべりで、自信満々で、そしてオオカミ退治として雇われていたぐらいだから、とても強い。彼女がいるだけで、暗い場面も吹き飛びますね。

  • 一筋縄ではいかないファンタジー。味方だと思ってたら敵だったり、『赤ずきんちゃん』や『白雪姫』の話が出てきたと思ったら設定は同じでも内容が全然違っていたり。レオとミミと一緒に読んでいる自分も翻弄されます。

  • 話自体は進んできてるんだけど、だからこそいつまでも帰ろうとする(そのくせ自分からは積極的には動かない)レオにイラっとする。子供だからといっていつまでもゴネてんな、と思うわけで。

  • ロンド国に迷い込んだレオとミミ

    青の王妃、コンカー、フリーダ、ダーティー、

    いったい誰が味方で誰が敵???

    赤ずきんちゃん、おおかみとひつじ

    いろいろなものがたりがいりまじっているようです。

  • あらすじ
    ロンドにしのびこんだレオとミミ。
    なんとしても青の王妃の城にいかなければならない。
    そのとき、手をさしのべてきた一人の男。
    敵か味方か?!
    そして二人は深い森へ…

    レオとミミの冒険の本です。
    私には丁度良いくらいの長さです!
    絵も可愛くて、ハガキも付いていてとても良い本です★
    途中途中に絵が取り入れてあって疲れてもこないしオススメです♪

  • まだ・・・完全に思い出せないのだけど,そうしたものだよね〜オルゴールの世界に挑んだ二人は人の良い警官に追い回されて,壁の穴に隠れ,宿屋の唯一開いている窓から中に入り込むと,親切にしてくれるコンカーというガキ始末人に森に送られてしまう。そこには,タイというコンカーの仲間が待ち受けいるはずだったが,二人はヒリヒラ達に助けられて,樹の虚から空を飛び,豚が番をしている農園に辿り着く。豚をおだてて,抜け出した先には街への繋ぎ目があるはずだが,着いたのは赤ん坊が狼に襲われそうになっている小さな農家であり,二人がオルゴールを外から見た直後の場面だった。赤ん坊を助けたレオとバーサは一家に匿われ,翌朝新たな冒険に向けて旅立つ〜『赤ずきん』に『白雪姫』,『三匹の子豚』と『長靴をはいた猫』が出てくるね。読み始めると一気なのだが,なかなか環境が整わない

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

オーストラリア在住のファンタジー作家。『リンの谷のローワン』シリーズや『デルトラ・クエスト』シリーズ、『ティーン・パワーをよろしく』『フェアリー・レルム』『ロンド国物語』など多数の人気児童書シリーズを執筆。とくに『デルトラ・クエスト』シリーズは、日本をふくめ全世界で大ヒットし、累計1500万部を突破している。2014~2015年に日本でも出版された『勇者ライと3つの扉』は、デルトラ世界とつながっていたことが判明し、話題を呼んだ。

「2016年 『スター・オブ・デルトラ 1 〈影の大王〉が待つ海へ 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エミリー・ロッダの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エミリー・ロッダ
ジョゼフ ディレ...
上橋 菜穂子
三浦 しをん
エミリー ロッダ
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×