ルルとララのおしゃれクッキー (おはなし・ひろば)

制作 : あんびる やすこ 
  • 岩崎書店
4.02
  • (27)
  • (11)
  • (19)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 225
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (72ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265062607

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館

  • クッキーのなる木。あったら楽しいだろうな。子どものころ、ばかにみたいに一週間に何回もクッキーをオーブンではなく、トースターで焼いてたのを思い出す一冊です。

  •  ようやく彼女たちの本領を発揮できるクッキーの回です。
     動物が普通に人間みたいにしている世界観だから、クッキーの木が本当にあってもいいけど、もしあったとしたら、袋に入ってラッピングはされていないだろう…(笑)

     それにしてもこの2人、最後に、私たちはお菓子作りの名人だもの、て言って締めくくるんだけど、いや、そんな…。
     まだクッキーとカップケーキしか作れないのに…。

  • ◆まんげつの夜にまんなかの木にクッキーの実がなるといううわさをきいて、ルルとララもでかけてみます。ところが、そのうわさは、まんなかの木にすむリスのミトンがついたうそでした。ともだちがほしかったミトンのためにルルとララは、クッキーをつくることに…。


    (^^)<Comment
    シリーズの第2巻★

    ●ルルとララのお店には動物たちがよく買いに来てくれるようになったんだね!
    ●第1巻でお店のはじめてのお客さんだったねずみのニッキが店員さんになってくれたみたい。話し方とか、いい味出してる!
    ●「まんなかの木」にクッキーの実がなるっていう話を流したリスのミトン。人の気を引きたくて、ウソのウワサを流しちゃったんだね〜。
    ●ルルとララ、ニッキとミトンでいろーんなクッキー焼くの!楽しそう!
    ●前にアイシングクッキー作ったとき塗るのが難しくて失敗してしまったけど、こんな風に作るんだ!知らなかった!まばらに絞り出した液をバターナイフで伸ばせばきれいにぬれるのね~!
    ●クッキーのイラストページがかわいい♥︎ラッピングのアイディアもステキ〜♪
    ●ミトン、たくさんの動物たちが遊びに来てくれて、ウソついたことも自分から話せてよかったね!
    ●動物たちも、ミトンの気持ちをくんでか、こころよく許してあげるのがほっこりする♪

    ○カラーページとモノクロページが配置されてるんだけど、8枚綴じで、表がカラー裏がモノクロになってる。レシピのページはカラーで魅せられるようになってるから、ページ配置にもすごくこだわってるんだろうな〜。

  • いろいろなクッキーの作り方が物語にそってとてもわかりやすく説明されていて作ってみたくなります。

  • リスの ミトンが 住む 「まんなかの木」には 満月のよるに クッキーの 実が なるという…さて、ルルと ララの 出番はあるのかな!?

  • ルルとララ第2巻。ルルとララは、《森にある「まんなかの木」には、満月の夜の次の日にクッキーの実がなる》という噂を聞きます。ねずみのニッキと共に「まんなかの木」へ行くと、その木に住むリスのミトンが居ました――。
    なんて可愛らしいお話(*´∇`*)!どのクッキーも可愛いですね☆でも何と言っても、引っ込み思案なミトンがどんどん元気になり、最後は勇気を出して皆に謝る姿を見て、自分のことのように嬉しくなりました。よく頑張ったねミトン!騙されていた動物たちも優しくてホッコリ癒されました(。・ω・。)♪

  • 保育園の図書で借りて来て、どハマり。静かだなあと思うと、座り込んで読んでます。
    クッキーの作り方が載っているのを見て、作りたい作りたいとうるさいくらい。
    アッチシリーズより字が多いけれど、全ての漢字にルビがふってあるので、問題なく一人で読めてます。4歳6ヶ月。

  • クッキーの作り方はわかってるんだけど、読みたいというので。話の内容は、誰かの気を引きたくて小さな嘘をついちゃって…その先の展開がとてもかわいい。クリスマスに応用できそうです。

  • 嘘を許容するのもやさしさ。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

群馬県生まれ。東海大学文学部日本文学科卒業。
テレビアニメーションの美術設定を担当。その後、玩具の企画デザインの仕事もしながら、絵本・児童書の創作活動に入る。
主な作品に、『せかいいちおいしいレストラン』「こじまのもり」シリーズ(共にひさかたチャイルド)「魔法の庭ものがたり」シリーズ(ポプラ社)、「なんでも魔女商会」「ルルとララ」「アンティークFUGA」シリーズ(いずれも岩崎書店)『妖精の家具、おつくりします。』(PHP研究所)などがある。

「2019年 『ムーンヒルズ魔法宝石店3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あんびるやすこの作品

ルルとララのおしゃれクッキー (おはなし・ひろば)を本棚に登録しているひと

ツイートする