ルルとララのアイスクリーム (おはなしトントン 4)

  • 岩崎書店
4.23
  • (33)
  • (14)
  • (11)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 240
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (72ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265062690

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館

  • 暑い毎日にぴったりとくるお話。
    お礼の順送りっていいな。始めたのは、びっくりのあの人とは!見返りを求めていないけど、お礼のリレーが輪になって思いがけない喜びになりました。アイス食べたい!

  • 今はあついから食べたいなぁとおもった

  •  お礼リレーとか、いかにも子ども向けの、いい感じの話にするためのネタだけど、でも、スゴいいいことだな、て素直に思えた。嫌味がない。
     こういう発想が出来るのがスゴい。

  • ◆お菓子のテーマはアイスクリーム。暑い夏にはぴったりのテーマです。物語の方はルルたちの荷物運びを手伝ってくれたアライグマさんにお礼をしようとするのですが、それは、別の人に何かやって上げてと言われます。アライグマさんもそうやって、別の人から親切にしてもらったのです。「お礼リレー」というお手紙が動物たちに広まって、みんなはとてもやさしい気持ちになりました。その発信源は、ルルたちのとても身近に居る人でした。お話とお菓子作りが楽しめる、ルルとララシリーズの最新刊。ルルとララは、材料運びを手伝ってくれたアライグマにお礼をしようとしたら、「お礼リレー」のことをききました。いったい「お礼リレー」とはどんなリレーなのでしょうか? 楽しく作れるデザートのレシピも満載!


    (^^)<Comment
    シリーズの第6巻★

    ●どうぶつたちの「お礼リレー」…映画の〇〇みたい(笑)
    ●夏バテ気味の動物たちに喜ばれる、お礼になりそうなお菓子は…?
    ●動物たちのお礼リレーの始まりは、迷子の子ダヌキを助けてくれたシュガーおばさんだったの!
    ●ルルとララは、アイスクリームを作って森の動物たちにふるまう。お代は、またお礼リレー。
    ●シュガーおばさんから始まったお礼リレーは、たくさんの動物たちからルルとララを通して、雪だるまアイスクリームという形でシュガーおばさんの元に返ってきた⋈*。゚
    ●ルルとララのお礼リレーもたくさん広がっていくんだろうな〜♡

  • お礼のリレー、とても素敵です。

  • 本当に雪だるまに噛り付けるの!ルルとララ、私にも作って!あ、でも、信用されてないから無理か。

  • ゆきだるまがつくれてよかった

  • 資料番号:020174884
    請求記号:F/アンビ

  • ルルとララ第6巻。荷物運びを手伝ってくれたアライグマは、ルルとララに「お礼リレー」の手紙を見せてくれました──。
    二人が作る美味しそうなアイスクリームがとっても食べたくなりました♪今回は何と言っても、お礼リレーが素敵!親切にしてくれた相手へのお礼を、別の誰かに親切にし、その相手が喜んだり助かったりしたら、お礼は受け取られたことになる。次々と繋いでいくのが可愛くて可愛くて!癒されました〜。ルルとララが新たに作った「お礼リレー」のたくさんのバトン、とっても長く続けば良いね(*^^)v

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

群馬県生まれ。東海大学文学部日本文学科卒業。
テレビアニメーションの美術設定を担当。その後、玩具の企画デザインの仕事もしながら、絵本・児童書の創作活動に入る。
主な作品に、『せかいいちおいしいレストラン』「こじまのもり」シリーズ(共にひさかたチャイルド)「魔法の庭ものがたり」シリーズ(ポプラ社)、「なんでも魔女商会」「ルルとララ」「アンティークFUGA」シリーズ(いずれも岩崎書店)『妖精の家具、おつくりします。』(PHP研究所)などがある。

「2019年 『ムーンヒルズ魔法宝石店3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あんびるやすこの作品

ルルとララのアイスクリーム (おはなしトントン 4)を本棚に登録しているひと

ツイートする