うちゅうでいちばん (おはなしトントン)

著者 :
制作 : 藤本 四郎 
  • 岩崎書店
3.50
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 23
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (76ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265062737

作品紹介・あらすじ

うみにはおそろしいおばけ、ウミンバがすんでいて、ふねをおそうっていわれている。ちゅういちは、ウミンバとたたかうりょうしのとうさんのすがたを、くらいうみのなかに見たきがした。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • カニを獲る漁師であるとうさんのことがうちゅうでいちばんすき。
    藤本四郎(1942年福岡県生まれ)の挿絵がとてもいい。
    広島大学中央図書館 913.8:Ka-94::0130541838

  •  宙一のお父さんは、漁師。たろう丸にのって、カニをとりに行く。海には、おそろしいおばけウミンバがいる。ウミンバは、海の中から急にあらわれて、船におそいかかってくるのだといわれている。ある日、お昼前から急に天気が悪くなり、たろう丸と連絡がとれなくなったという電話が・・・。

  • かいじゅうみたいなもんは、みんなでどんどんやっつけよう。

  • 教科書の推薦図書っていうだけで、図書館にも図書室にももれなく置かれ、作家にとって、評価も収入も上がり、かなりのメリットがあるわけだから、載せた本は(自分の好みは別にして)いい本でなければならないと思うが、これは何なの?
    『すみれちゃん』も教科書で推薦できるレベルじゃないとおもったけど、これはもっと面白くない上、日本語すら怪しい。「たかいなみがコンクリートのていぼうにたたきつけています。」っておかしくない?
    漁業従事者の息子が主人公、という設定だけで取り上げられたとしか思えない。
    『パパはすてきな男のおばさん』が「男女共同参画社会の実現」という政府のうたい文句にぴったりという理由だけで選ばれたように。
    読む価値なし。

  • 3年教科書

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1947年東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。『はらがへったら じゃんけんぽん』で第4回日本児童文学者協会新人賞受賞。「ふたごの魔法使い」シリーズ(童心社・フォア文庫)、「マリア探偵社」シリーズ(理論社・フォア文庫)、「おほほプリンセス」シリーズ(ポプラ社)、絵本「のんびり森」シリーズ(岩崎書店)など著作は多数。児童文学のほかに漫画原作や演劇脚本の仕事も手がける。絵本近著に『びっくりゆうえんち』(絵:コマヤスカン/教育画劇)。

「2017年 『はやくちことばで おでんもおんせん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川北亮司の作品

ツイートする