妖界ナビ・ルナ (1) 解かれた封印 (フォア文庫)

著者 :
  • 岩崎書店
3.87
  • (27)
  • (16)
  • (28)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 203
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265063529

作品紹介・あらすじ

星の子学園でくらす竜堂ルナは小学三年生。赤んぼうの時、学園の門前におきざりにされていたのを、この学園の人に引き取られ育てられた。春休みのある晩、友だちのサエが何者かにつれさられるという事件がおきた。サエのゆくえをおっているうちに、ルナは自分の超能力に目ざめていく!書き下ろしファンタジーシリーズ第一弾!小学校中・高学年向き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 私が読んだ本の中でトップを争うくらい面白くて好きな本です。

    スネリが可愛いと思った人は
    ↓↓
    ↓↓いいね!

  • (2018-03-10)(2018-06-23)

  • ルナはもうすぐ4年生になる星の子学園でくらす女の子。ところがある夜、ようかいかまちがルナをおそおうとする。ルナはどうなるのか?

  • 小学生のころにすごい好きで何回も読んでたシリーズです(o・ω・o)
    ルナもスネリももっけもかわいい(o>ω<o)
    挿絵もかわいくて大好きでした*

    1は旅立ちも切ないけどすべての始まりって感じです。
    超久しぶりに読み返してみたけどやっぱりおもしろくてあっという間に読んじゃいました。

  • 孤児院にあずけられていたルナ。実は伝説の子で、その力は封印されていたのだけど、あることがきっかけで目覚めてしまう。
    この力のせいで、周りを巻き込まないよう、ルナを護りにきた動物と一緒に、旅立つことに・・・・・・みたいな話。
    児童書らしく、読みやすくて王道な感じ。安心して読める。

  • 小学生の頃に読んでハマったシリーズ。

  • もっけもスネリもルナもとってもかわいい♡

  • 小学生の頃に読んでいて、すごくおもしろいと感じた覚えがあります。

  • ええっと、一時間掛からないであっという間に読了しました、児童書といえど早過ぎです(汗 明らかに想定読者とずれている自分が言うのも何なのですが、なんといいますか【変身美少女アニメ通常30分だけど初回だから一時間ね♪】みたいな感じでorz(吐血 古い人間なんで、児童書は若おかみみたいな方が好きかなぁと、好みを痛感する今日この頃でした。

  • 普通だったら手に取らないんだけど‥
    たまにはこういうのもいいかなー

    みなしごの女の子が妖力にめざめて
    妖怪を封印していく美少女戦士の正体は陰陽師と妖怪のハイブリッド!
    みたいな

    うーんと
    小学生の女の子には受けるのかな〜

    名前(かまちとかもっけとか)がなんかダサいと思いました。

    あと、何の苦労もせず、親から受け継いだ血で、いきなり祝詞(?)となえてやっつけちゃうのも
    なんかズルいような気がしました

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大阪府生まれ。おとめ座のA型。おもな作品に「新 妖界ナビ・ルナ」シリーズ、「摩訶不思議ネコ・ムスビ」シリーズ、「海色のANGEL」シリーズ、「劇部ですから!」シリーズ(いずれも講談社青い鳥文庫)、『炎たる沼』(講談社)、『自鳴琴』(光文社)などがある。ナツという名の愛猫と、ぐうという名のトイプードルと同居している。

「2020年 『エンマ先生の怪談帳 だれもいない卒業式』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池田美代子の作品

妖界ナビ・ルナ (1) 解かれた封印 (フォア文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする