妖界ナビ・ルナ (10) 黄金に輝く月 (フォア文庫)

著者 :
制作 : 琴月 綾 
  • 岩崎書店
4.03
  • (13)
  • (8)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 99
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265063796

作品紹介・あらすじ

朱雀、青龍、白虎につづく玄武との出会い。四神がすべてそろい、ついに妖界への道を封印する時がきた。しかし、ふたたび夜鳴島をおとずれたルナたちの前に、強大な妖力をもつ人物が立ちはだかる。その人物がにぎる、あるひみつとは?激闘のはてに、いますべてのなぞが明かされる。さいごの戦いへ!人気シリーズ完結編。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「タイくん、だめだよ、だめ。死んだらだめだから。生きて、ふつうにごはんを食べて、友だちとあそんで、そんなくらしをしようよ。そうだ、妖界に行けば、またカザンに会えるよ。カザンも待ってる! おねがいだよ、おねがい……死なないで」
     タイはそれには答えませんでした。
     ただひとこと。さいごにこういいました。
    「それでも、沙李のことはにくめない。なさけないよ。……悠久の玉は、ぼくが死んだら、自然に見つかるよ。どうせもう、ぼくは関係ないんだから、おまえにやるよ。そのかわり、ルナ、悪いが……ぼくが死んだら、カザンをたのむ。あいつは……じつは、顔に似合わず、気のやさしいやつだから……。こんど、生まれてくるときは……もっとカザンとあそび……たい……」
     さいごのほうのことばは、きこえませんでした。
     しかし、ただ一度、目をあけて、しっかりと見たのです。ルナを。タイの瞳のなかには、たしかにルナが映っていました。

    • ななみみこさん
      私も、今度この本を読むのですが、このコメントを呼んで、もっと早く読みたいと思いました。
      私も、今度この本を読むのですが、このコメントを呼んで、もっと早く読みたいと思いました。
      2012/02/27
  • 私が、この本を読みたい理由は、このシリーズの、1,2,3,4、を読んだからです。

  • 妖界ナビ・ルナ最終巻。
    これだけはマジメに読んだ記憶が(をい
    泣ける・・・(;ω;)

  • もう主人公は普通の人間の生活へ戻れない、ということを改めてこう描かれると...
    ___
    ある意味、決定打。
    ルナが幸せになってくれることを祈る。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

大阪府生まれ。おとめ座のA型。おもな作品に「妖界ナビ・ルナ」「新 妖界ナビ・ルナ」シリーズ、「摩訶不思議ネコ・ムスビ」シリーズ、「海色のANGEL」シリーズ(いずれも講談社青い鳥文庫)、『炎たる沼』(講談社)、『自鳴琴』(光文社)などがある。モモとナツという名の猫二匹と、ぐうという名のトイプードルと同居している。

妖界ナビ・ルナ (10) 黄金に輝く月 (フォア文庫)のその他の作品

池田美代子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする