としょかんライオン (海外秀作絵本 17)

  • 岩崎書店
4.35
  • (302)
  • (170)
  • (92)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 1952
レビュー : 265
  • Amazon.co.jp ・本 (41ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265068173

作品紹介・あらすじ

としょかんは、まちのひとたちが、ほんをよんだり、かりたりするところ。としょかんには、だれでもはいれます。ライオンでも?あるひ、まちのとしょかんに、おおきなライオンがやってきました。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「あるひ、としょかんに ライオンが はいってきました。
    かしだしカウンターのよこをとおり、ずんずんあるいていきます」

    こんな風に始まるお話。
    もしも、もしも、本当にライオンが入ってきたらどうする?
    それはもう怖くて大騒ぎだろう。このお話の中でもみんなそう。
    でもメリウェザー館長だけは堂々たるもの。
    「そのライオンは としょかんのきまりを まもらないんですか?」
    (いえ、べつに・・と答えた司書のマグビーさんに対して)
    「それなら そのままにしておきなさい」

    そう、このライオンさんは、見た目が怖いというだけで、図書館に入る誰もが持っていなければならない大切なものを持っていた。それは、図書館を愛する心。
    字なんて読めないのに、本を愛する心をたっぷり持っていたの!

    さぁそれからは、メリウェザーさんのお手伝いをし、子どもたちに交じってお話会にも参加して大の人気者に。ある日、メリウェザーさんが倒れるまではね。

    マグビーさんにこの危機を知らせようと大急ぎで走って、大きな大きな声で吠えた。
    だってライオンさんにはそれしか方法がないもの。
    マグビーさんはとうとう怒った。
    「しずかにしなきゃ いけないんだぞ!きまりをまもってないじゃ ないか!」

    うなだれて出ていくライオンさんの後ろ姿に、お子たちは何を思うだろう。
    決まりを守るのと、命を守るのと、どっちが大事?
    「よき市民」であることを求められる図書館では、規則の方が大事なの?

    世界で最も有名な図書館のひとつ、ニューヨーク公共図書館の入り口には、2頭の大きなライオンの石像がある。それぞれ象徴するのは「Patience(忍耐)」と「Fortitude(不屈の精神)」。
    怖そうだけど、本当はみんながやってくるのを待っている。
    さて、お話のライオンさんはどうなったかというと…

    大丈夫。ちゃーんと戻ってくる。
    子どもたちの嬉しそうなこと!
    メリウェザーさんは、ライオンさんの首に抱きついて喜んでいる。

    「たまには ちゃんとしたわけがあって きまりがまもれないことだって あるんです
     いくら としょかんのきまりでもね」

    図書館という空間が、どうして私たちになくてはならない場所か、思い出させる逸品。
    表紙のライオンさんが優しそうに微笑んでいる。
    お話のラストでは、入り口のライオン像も微笑んでいる。
    読み聞かせると約15分。
    高学年以上にとあるが、おうちで読んであげれば小さな子でもOK。
    ライオンさんに寄りかかるように、ゆったりとした気持ちでどうぞ。

    • nejidonさん
      夜型さん♪
      私のひとりの力で増えたフォロワーさんではありませんから(笑)
      現在借りている本を読んで返却してからになります。
      カメさんに...
      夜型さん♪
      私のひとりの力で増えたフォロワーさんではありませんから(笑)
      現在借りている本を読んで返却してからになります。
      カメさんになったつもりでお待ちくださいね(*^^*)
      2021/02/03
    • 夜型さん
      しし座なので、こういうライオンのお話は実はウキウキします。

      「本にまつわる本」カテゴリ、300冊が見えてきましたね。
      しし座なので、こういうライオンのお話は実はウキウキします。

      「本にまつわる本」カテゴリ、300冊が見えてきましたね。
      2021/02/04
    • nejidonさん
      夜型さん♪
      ふふ、ありがとうございます!
      ゆいちゃんさんにもお返事しましたが、挿絵がとても良いのですよ。
      ライオンさんの毛のフカフカ感...
      夜型さん♪
      ふふ、ありがとうございます!
      ゆいちゃんさんにもお返事しましたが、挿絵がとても良いのですよ。
      ライオンさんの毛のフカフカ感が伝わってくるようです。
      ゆったり寄りかかりたいのは、ワタクシかもです!
      2021/02/04
  • としょかんはきまりを守れば、だれでも利用できます。
    そうライオンでも!

    きまりを守るって、とても大事なこと。
    でも、もっと大事な事って?

    絵本だけど、とってもたいせつな事に気付かせてくれる、あたたかいお話です。

  • 公共図書館はルールを守れば誰でも来ていい場所。例えそれがライオンでも。心温まるお話です。

  • ルールを守れなくて、出て行ったライオン。
    その後 図書館の外に佇んでいるところで、切なくて涙がでそうになってしまいました。

    とても心温まるお話。

  • たまには、ちゃんとしたわけがあって
    きまりをまもれないこと、だってある

    ココロ温まるお話

  • ずっと気になっていた絵本。決まりを守るっていうことがどういうことか、よくわかる。心がほんわか暖かくなる♪

  • としょかん好きなライオンのお話し。しっぽで書架を掃除したり、子どもたちを背中に乗せて高いところに置いてある本を取らせてあげたり。図書館とライオンと言えばNY Public Library。ここが舞台かなぁという絵本です。

    九州ルーテル学院大学:職員 不見谷笑

  • たまには、ちゃんとしたわけがあって、きまりをまもれないことだってあるんです。
    いくら図書館の決まりでもね。

  • 長女3歳8ヶ月
    次女三女1歳9ヶ月

    長女にと思ったけど流石にまだ早かったみたい。
    最後まで読めませんでした。
    もう少し大きくなったら再チャレンジしたいです。

  • らいおんがすきな4歳11ヶ月男子。優しいライオンのお話が気に入ったみたいです。

全265件中 1 - 10件を表示

ミシェル・ヌードセンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マイケル・グレイ...
マーガレット・ワ...
エリック=カール
なかがわ りえこ
ガブリエル バン...
クリス・ヴァン・...
八島 太郎
トミー=アンゲラ...
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

としょかんライオン (海外秀作絵本 17)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×