だいすきひゃっかい (レインボーえほん)

著者 :
  • 岩崎書店
4.27
  • (24)
  • (13)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 141
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265069828

作品紹介・あらすじ

まいにち伝える「だいすき」が、いつまでもあなたとわたしをあたためてくれますように-このぬくもりは、わたしたちのたからもの。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 寝る前の母親と娘の会話。
    微笑ましい。

  • そうだよね…って思った。

    幼くて、下にきょうだいがいると、幼心にそう思うのかもしれない。
    そんな風に、親が気づかされる絵本かも。
    いや、きょうだいがいないとしても、1日の終わり、
    そうしてあげたほうがいいかもしれない。
    そう、だいすきひゃっかい言ってあげる。
    なかなかできることではないけれど、やってあげなくちゃね。

  • 可愛らしいねぇ〜ふふふって心が温かくなるね♪

  • 3分10秒。

  • 村上しいこ講演会「本と私と、ねこ」   当日先着順 

    村上しいこさん挿絵
    『かめきちのおまかせ自由研究』『れいぞうこのなつやすみ』などで子どもたちに人気の児童文学作家村上しいこさんが、虐待やいじめなどつらい体験をしたときに心にそっと寄り添ってくれたお話の登場人物たちについて、そして今思うことについて語ります。

    日時  11月3日(日・祝)14:00-15:30 (開場 13:30)
    会場  中央図書館 5階大会議室
    定員  300名(当日先着順)
    大阪市立中央図書館
    http://www.oml.city.osaka.jp/topics/13fes.html#2

    岩崎書店のPR
    「夜。ねむくないはるなは、おかあさんになぞなぞをだします。ねるまえに、はるながいくのはどーこだ! 思わず親子でだっこしたくなる、おやすみなさいのスキンシップ絵本。」
    村上しいこホームページ
    http://www.geocities.jp/m_shiiko/

  • こどもって本当にお母さんが好きなのね
    母親として責任を感じました。

  • 母が「読んで読んで」とおすすめしてくれたので読んでみました。

    かわいいお話です。

    自分に似てるような、ポニョに似てるような…

    こどもが生まれたら絶対に読んであげたい1冊です。

  • 寝る前にお姉ちゃんのはるなちゃんがいくところはど〜こだ?というなぞなぞをお母さんに出します。

    じんわりあったかくなるストーリー。

    ストーリーのあわせて大好きぎゅっぎゅができるので大好きなご本です。

  • わたしが寝る前に行きたいところ...どーこだ?

    正解は...こーこ!!お母さんの腕の中。

    罰としてだいすきひゃっかい!

    だいすきいっかい、
    だいすきにかい...

    母の日に関連づけて読み聞かせました。

  • 「寝る前に、はるながいくとこどーこだ?」

    お母さんになぞなぞ問題。
    お母さんのユーモアあふれる答えが
    面白い。

    外れてばっかりなので、お母さんも降参。
    答は、お母さんの腕の中。
    外れたバツは「だいすきひゃっかい」
    すてきな、絵本です。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

村上しいこ(むらかみしいこ)
三重県生まれ。
『うたうとは小さないのちひろいあげ』で第53回野間児童文芸賞受賞。おもな作品に「へんなともだち マンホーくん」シリーズ(たかいよしかず・絵)、「七転びダッシュ!」シリーズなど。
ホームページ
http://shiiko222.web.fc2.com/

「2020年 『防災室の日曜日 カラスてんぐととうめい人間』 で使われていた紹介文から引用しています。」

村上しいこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
エリック=カール
トミー=アンゲラ...
酒井 駒子
くすのき しげの...
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×