ペネロペおはなしえほん (17) ペネロペのたのしいハロウィン

制作 : アン・グットマン  ゲオルグ・ハレンスレーベン 
  • 岩崎書店
3.53
  • (4)
  • (3)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 129
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265071685

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 4:10

  • ペネロペパパの登場シーンで娘が不安そうな顔をしていた。かわいい。

  • ハロウィンについて知ってるのは、秋の収穫祭と子供たちがお菓子をもらいに出かけるってこと。なんだか日本では仮装パーティーの日みたいになってるが、そのことについてTVでアメリカの方が「その国々でたのしくやってればいいんじゃないかな?」と、インタビューに答えていた。そーか。いいのか。。。対してペネロペは伝統的にお菓子をもらってたのしそう!こっちの方が風情があっていいなあ。。。

  • 図書館の ハロウィンコーナーに。ペネロペシリーズは 現在小6の娘の お気に入りだった。なつかしい♪

  • 魔女に仮装、友達と回る

    レビューを登録したのは9月15日だけれど、読んだのは14日。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

【ひがしかずこ・やく】  東京都生まれ。慶應義塾大学卒。出版社勤務を経て絵本の翻訳に携わる。訳書に「ペネロペ」シリーズ、「ベルとブゥ」シリーズ、『あわてんぼうさちゃん』(いずれも岩崎書店)、『しょうぼうしゃのダッシュくん』(PHP出版)などがある。

「2014年 『かみなりなんてこわくない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ひがしかずこの作品

ツイートする
×