犬がすきなぼくとおじさんとシロ (おはなしガーデン)

著者 :
  • 岩崎書店
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (88ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265072644

作品紹介・あらすじ

ぼくの前に突然現れたシロは、あるおじさんが飼っていた犬だった。
理由も分からずおじさんに怒られたのをきっかけに交流を絶つが、大雪の日に再会。
半ば強引に連れて帰るが、しばらくして飼い主が見つかったと連絡が入る。
おじさんにどんなに怒鳴られるのだろう、と思った矢先の意外な展開。

犬を通じて、本当の「好き」を見つめる物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 優しさの自己満足にならないように、って思わせてくれた

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1961年、愛知県生まれ。元小中学校教員。「グッバイドール」で第12回月刊MOE童話大賞童話賞受賞。1996年、『ぼくとカジババのめだまやき戦争』(ポプラ社)でデビュー。『WA・O・N 夏の日のトランペット』(ひくまの出版)で第7 回新・北陸児童文学賞受賞。『がっこうかっぱのイケノオイ』(童心社)が第57回青少年読書感想文全国コンクール小学校低学年の部課題図書に選ばれる。『先生、しゅくだいわすれました』(童心社)がミュンヘン国際児童図書館の選ぶブックリスト「The White Ravens 2016」に選ばれる。2017年『神隠しの教室』(童心社)で第55回野間児童文芸賞を受賞。その他の作品に『夜間中学へようこそ』(岩崎書店)など多数。

「2019年 『今、空に翼広げて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山本悦子の作品

犬がすきなぼくとおじさんとシロ (おはなしガーデン)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×