ヴァンパイレーツ (2) 運命の夜明け

制作 : 海後 礼子 
  • 岩崎書店 (2009年2月13日発売)
3.70
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :19
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265076529

ヴァンパイレーツ (2) 運命の夜明けの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 海賊として剣のレッスンをうけはじめたコナー。その頃グレースはヴァンパイレーツ船の船長と会って話をしていた。そして、船員たちが眠っている昼間なら船内をあるいてもいいというので動いていると、弱っている老人の姿をみかけた。この船には調理場があり、とても美味しい料理がつくられていた。ヴァンパイアにはいらないはず・・誰のための?
    そして、ドナーとよばれるものたちがいることを知り・・・・・
    この吸血海賊船では毎週の「宴」というルールがあるが、それをよしと思わないシドリオが、グレースを狙っていた・・・・

    一巻よりもさらに面白くなっている。巡り合えた双子はどうなるのか。そしてこの追放された男は何をしようとしているのか。続きが気になる。

  • 2009年9月19日
    とても面白い。子供に読ませたい

全2件中 1 - 2件を表示

シ゛ャスティンソンハ゜ーの作品

ツイートする