あかにんじゃ (えほんのぼうけん)

著者 :
  • 岩崎書店
3.80
  • (36)
  • (37)
  • (44)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 444
感想 : 63
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265081141

作品紹介・あらすじ

あかにんじゃはまっかなにんじゃ。ひみつのまきものをねらっておしろにしのびこんだけど、まっかなすがたはとってもめだってしまいます。「くせものだー、であえ、であえー」。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 穂村さんの絵本を探して選びました。
    忍者が大好きなんですって。
    そうか、だから忍者の格好もしちゃってますね。
    (短歌と俳句で五十番勝負)
    忍びのものなのに赤だと目立っちゃう。
    あ、あぶない!ドロンドローンと呪文を唱えていろんなものに変身しちゃいます。最後は、、、
    何だかうるっときちゃいます。
    大きい声で音読するのもすごく楽しかった。
    https://www.ehonnavi.net/specialcontents/contents.asp?id=263

  • 戦国時代、朱槍を持つ侍は、すごく強かったそうな。そりゃそうだ、戦場で一番目立つわけだから、一番先に狙われる。あかにんじゃって、あんた、そりゃ、目立って目立ってしかたないじゃない(笑)

    そんなことを知ってか知らずか、穂村弘ワールドは、見事に赤い忍者で遊んでいます。おもしろいです。

  • 穂村弘さん×木内達朗さんということで、とても楽しみにしていた絵本。
    案の定、私のツボに入ってしまいました。

    あかにんじゃは真っ赤なにんじゃ。
    お城に忍び込んだはいいけれど、あかにんじゃには弱点が…。
    そう、赤い色はとっても目立ってしまうのです。
    あっという間に囲まれてしまった、あかにんじゃ…あ、あぶないっ!!

    その後の展開にいちいち驚かされてしまいました。
    ほむらさんの生み出すお話はどこに転がっていくのか予想もつかなくて、そこに惹きつけられてしまいます。

    みんなで空を見上げる後ろ姿が並んだページがとてもすきでした。

    • すずめさん
      実は私も前々から密かにチェックしてました(笑)
      お手元に早く届くといいですね☆
      実は私も前々から密かにチェックしてました(笑)
      お手元に早く届くといいですね☆
      2012/07/05
  • もしかしたら、
    いるかもしれない

  • 2014年3月23日

    デザイン/岩瀬聡

  • メッセージ性のある絵本が好きだけど、そういうの関係なく好きな絵本。発想がぶっ飛びすぎてるのと、言葉、絵が素敵すぎるのと。子どもたちも大好きな絵本。

  • 次々とピンチを迎える忍者が、何に変身するのか予想しながら読むのが楽しい

  • ゆるい!ゆるいぞ!!
    ツッコミどころ満載。こういう、ちょっとくだらない系の 好きだな~

    忍者にあるまじき色”赤”
    めっちゃ目立ってる!

    「あっ、あぶない!」
    数多の危機を、得意のへんしんの術で切り抜ける

    えっ?たぬきと...ゾウ?
    蝶から...お、おっさん!?何故そのチョイス
    あれ!?時空超えた!!うっかり受け入れちゃったよ!自然すぎw

    今のトレンド(スカイツリー)も取り入れており

    今日は、どこで何に姿を変えているのか...

    あっ、あの”あかいもの”は、まさか!? ww

  • 3分☆スピード感と視点の変化がすごい!

  • あかにんじゃは、まっかなにんじゃ。おしろにしのびこんでもすぐにみつかってしまいます…あぶないっ!
    と変身して、あかいカラスに。さらにはあかいちょうちょに、とどんどん変身していきますが…最後のオチは(笑)
    シュールで不思議、でもなんだかセンスがいいな~と幅広くにナットクの絵本です♪(i44)

全63件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

穂村弘(ほむら・ひろし)
1962年、北海道生まれ。歌人。1990年、歌集『シンジケート』でデビュー。その後、短歌のみならず、評論、エッセイ、絵本、翻訳など幅広い分野で活躍。2008年、短歌評論集『短歌の友人』で伊藤整文学賞、連作『楽しい一日』で短歌研究賞を受賞。エッセイ集『鳥肌が』で第33回講談社エッセイ賞受賞。絵本『あかにんじゃ』で第4回ようちえん絵本大賞特別賞受賞。第4歌集『水中翼船炎上中』で第23回若山牧水賞受賞。他の著書に『世界音痴』『もうおうちへかえりましょう』『短歌ください』『ぼくの短歌ノート』『蚊がいる』など多数。

「2021年 『ネコは言っている、ここで死ぬ定めではないと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

穂村弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
岡田 よしたか
かがくい ひろし
くすのき しげの...
ジョン・クラッセ...
やぎ たみこ
やぎ たみこ
くすのき しげの...
岡田 よしたか
クリス ホートン
tupera t...
エルヴェ・テュレ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×