おばけになりたい なす (えほんのぼうけん 102)

著者 :
  • 岩崎書店
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 80
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265081721

作品紹介・あらすじ

なすが苦手なゆいちゃんから、「〈むらさきおばけ〉なんて食べないもん!」と言われ、ショックを受けたなすは、おばけになることを決心しました。
でも、すぐにバレてしまって…。


遊園地のおばけ屋敷、吸血鬼の館、ガイコツのお祭り、ハロウィンのパレード……。
おばけになりたいなすは、いろいろな場所でおばけやモンスターたちに紛れようとするのですが、いつも見つかってしまいます。
人気シリーズの第3弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 娘4歳読み聞かせ
    野菜シリーズ三作目

    流石にパターンがあるので
    むしろ「この本の主役に選ばれること
    イコール子供達の嫌いな野菜」となり
    選ばれないよう野菜達が工夫して
    子供達に好かれようと奮闘する話
    とかにしても
    面白いんじゃないか、とか想像したり
    しつつ読み終える。

    私「ナス、今度食べる?」
    娘「イーデス、タベナイデス」

  • 女の子ゆいちゃん、なすが嫌いで、なすのことをむらさきおばけと言ったら、なすは本当におばけになろうとする
    いろいろにおばけに紛れるけれど、仲間にはなれないみたい
    ゆいちゃんも幼稚園?でなすを収穫して自分で食べてみる

  • 3.6 6-2子どもが嫌いがちなお野菜シリーズ。食べてくれる気配はないけど、ポップな色とかが分かりやすいのか?このシリーズは好き。

  • 前作のピーマンとにんじんが可愛くて借りてみた。でも、なんだろう、可愛いいのだけど、それだけ。同じパターンだからかな。幼稚園のとき、笑ってみていた1年生女子、本作はおもしろくない、だった。

  • ピーマン、にんじんと同様に、子どもの嫌いな野菜の上位に君臨する「なす」。
    そのなすちゃんが、嫌われるのならトコトンやってしまえと変身するのは⁈

全5件中 1 - 5件を表示

岩神愛の作品

ツイートする
×