こんな子きらいかな? (3) やましたくんはしゃべらない (こんな子きらいかな? 3)

著者 :
制作 : 中田 いくみ 
  • 岩崎書店
4.10
  • (4)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265086436

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1年生の時から一度もしゃべったことのない山下くん。誰もその声を聞いたことがない。6年生のある日、家族のことを書いた作文をみんなの前で発表するときに、山下くんが持ってきたのは…。
    「しゃべらない」山下くんをクラスのみんながそれなりに受け入れて、ちゃんとクラスの一員になっている雰囲気がいい。絵も魅力的。

  • あたたかく受け入れているクラスメートにグッとくる。

  • 書店店主山下賢二氏の幼少期を描いた絵本。先生の勝手な思い込みに困る様子が描かれてもいるが、しゃべらないことで困っている様子もなく、全体的に明るい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

山下賢二(やました けんじ)
1972年、京都生まれ。21歳の頃、友人と写真雑誌『ハイキーン』創刊。その後、出版社の雑誌編集部、古本屋店長、新刊書店等を経て、京都に「ガケ書房」を2004年オープン。独特の品揃えから本好きに愛され、車が店に突入しているような概観から観光名所のひとつにまでなった。2015年、「ガケ書房」を移転・改名し「ホホホ座」をオープンする。
主著に『ガケ書房の頃』(夏葉社)。編著として『わたしがカフェをはじめた日。』(小学館)がある。
2018年10月、絵本『やましたくんはしゃべらない』(絵・中田いくみ、岩崎書店)を刊行。

山下賢二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケシンスケ
イザベル・シムレ...
ヨシタケ シンス...
みやこし あきこ
ヨシタケ シンス...
B J ノヴァク
谷川 俊太郎
フランシス・ハー...
カーター ヒギン...
ガリア・バーンス...
マーガレット・ワ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする