ハローグッバイ 親と子のポケットブック

著者 :
  • 岩崎書店
4.22
  • (8)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265802036

作品紹介・あらすじ

暮しの手帖編集長が、子を持つ親たちへ、これから子を授かる親たちへ伝えたい、絵と言葉で綴ったしつけと育児のヒント集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人を動かすのは、「さみしさ」と「不安」のふたつです。子どもも、いつもこのふたつに心を支配されています。「さみしさ」と「不安」を安らげてあげましょう。

    幼いうちは、甘えや望むことをすべてかなえてあげましょう。たっぷりと気持ちを満たしてあげましょう。

    どんなときでも、おだやかに言葉をかけましょう。親の言葉は、子どもにとっては重たいもの。重たいものだからこそ、やさしく伝えましょう。強く投げつけたら、傷つくか、はね返ります。

    めんどうくさいと言葉にするのはやめましょう。めんどうくさいことに楽しみがあるのです。心になくても、ついうっかり口にしてしまうので注意しましょう。

  • 1歳3歳育児に悩んでいる時、図書館で手に取りました。2、3行の文章にしみじみしつつ我反省しつつ。大変だけど子供の幼少期に寄り添って過ごせるという幸せ。大切にして子供の成長に貢献しないとなと思いました。

  • これ、育児以外にも当てはまりますよね。
    対人間関係全般に。

    でも、対子育て世代向けに絞っているためか松浦弥太郎さんの視点が、いつもより柔らかくて読みやすくなってます。

    挿絵効果もあるかと思いますが、松浦さんの入門書に最適。

  • ハローグッバイ
    松浦弥太郎/北原明日香(著)
    (出版社) 岩崎書店
    (価格) 1260円
    (ISBN) 9784265802036
    暮しの手帖編集長が、子を持つ親たちへ、これから子を授かる親たちへ伝えたい、絵と言葉で綴ったしつけと育児のヒント集。
    (図書館)

    シンプルな絵とメッセージで綴られる子育てのヒント集。 イクメン必読、かも。

  • 暮らしのヒント集の育児版。さらりと読んでもしみじみ読んでもよいではないかと思い父ちゃんにも勧めてみた。

  • あたらしく出産された方へのプレゼントに最適の本。子供との接し方、大切にしたことのヒントがちりばめられている。たとえば、おもしろかったこと、うれしかったこと、悲しかったことなど、一日に一度は子供へ話をする。」「ときには思い切りわがままな一日を過ごしてみましょう」「明日はどんなふうに過ごそうか、と子供に話をしましょう」「楽しむための工夫をしましょう」「子供といっしょによいところを探しましょう」などなど

  • そういうことですよね

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

「くらしのきほん」編集主幹、COW BOOKS主宰

「2020年 『おとなのまんなか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松浦弥太郎の作品

ツイートする
×