いきもの特急カール

著者 :
  • 岩崎書店
3.63
  • (4)
  • (6)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 89
感想 : 10
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (34ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265812066

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 横長の見開きで、遠近法を多用した、やや斜めからの視点は、時に列車全体の優美さを、時に列車前面の大迫力を堪能でき、最適な列車の見せ方のように思えました。

    木内達朗さんの絵は、穂村弘さんの「あかにんじゃ」で知り、興味を持ったのですが、本書においては、ポスターカラーのようなポップさと、レトロなCG風と、少し未来の設定なのでSFチックな感じが合わさったような、懐かしさとクールさが両立した美しさを感じられました。

    また、プロローグは少し難しい内容でしたが、本編は、とても分かりやすくシンプルなので、列車好きのお子さんなら、きっと楽しめる絵本なのではないかと思いました。

    そういえば、列車列車と書いてきたのですが、カール自身は正確には、列車を牽引する種族だということで、それを実感できるシーンを見ると、独特の可愛さを感じられて、ちょっと面白いです。

  • 『あかにんじゃ』の絵を担当されていた木内達朗さんの絵本。
    ”特急”という子ども大好きオブジェクトを主役に、ちょっとファンタジックな設定から始まる、あるある事件。

    おもしろい。大人も子どもも楽しめる。
    そもそもふりがなこそ振ってあるものの、絵本に40字×18行の長文プロローグ。
    明らかに大人を引き込む視野に入れている。

    絵が好き。
    子ども向けアニメのような構図にらしさを入れた筆づかい。
    そして遊び心。

    何と言ってもその遊び心が我が家の息子と自分にはまっており、『あかにんじゃ』に続きまたしても大盛り上がりの読み聞かせ。

    他の作品にも興味が出てきた。

  • シリーズもの
    やや大人向け?

    ブクログのプレゼント企画
    一か八かで応募したら
    ( ゚д゚) 当 た り ま し た !
    運を使い果たして近々交通事故にでも遭いそう(笑)
    ブクログ様 ありがとうございました!!

    うちは子どもが下校するまで読まずに待っていたのだが…
    まずは先に読んでおくことをオススメしたい
    このお話は設定がとてもしっかりしているため
    絵本では珍しく長文のプロローグがついている
    うちはこれを素直に読んで聞かせてしまったら
    本編を読む前にダレてしまったのだ
    私は設定がしっかりしているものが大好きなので
    俄然興味が湧いたのだが
    みんなそうとは限らない
    プロローグを読むか読まないかは
    その子の性格に合わせた方がいい
    もしくは簡単にさらっと説明程度に

    前置きが長くなったがここから本編
    ついに「先入観」というものが
    下の子に色濃く現れてきてしまった
    乗り物→男の子→私は女の子だから違う
    でもちょっと待ってほしい
    これは電車だけど犬みたいな生き物なの!
    ほら女の子でも興味がもてちゃうでしょ
    そう言って開いてみせると
    絵に魅せられて興味を持ち始めた
    木内さんは世界的なイラストレーターとあって
    とても魅力的
    色に古き良き雰囲気を感じられて
    とてもオシャレで私好みだ
    でも子どもたちには古さは感じないと思う

    「カールは、何処へ行っても人気者です。
     人懐こいし、速いからね。」

    大人も子どもも
    熱心に携帯やカメラで写真を撮っている
    この見開きのページでカールが好きになってしまいそう
    お話はとても単純明快
    だけどとても奥が深い
    伏線を残したまま終わってしまう
    終わり方も
    子ども向けならばはっきりと文字で終わらせるのだが
    文字はなく絵の明暗でもって表現されている
    この2点について最初は「?」となるのだが
    これはシリーズものになるってことかな?と思うのだ
    気になって調べてみたら
    案の定シリーズ化は決まっているそうだ
    できればそれを先に言ってほしかった!
    そうとなれば番外編でプロローグ部分を是非とも作ってほしい
    あんなに魅力的な設定を
    絵本として読めないのはもったいないと思うで
    Eテレとかで5分アニメにして欲しい作品
    あと見開きに地図が描かれているので
    それを見ながらおさらいをするのも
    下の子は楽しかったみたい
    ルビがふってあるとはいえ
    難しい漢字が多く
    小さい子どもには取っ付きにくそうなので
    読み手の腕が試されるところ
    私は失敗してしまった〜(笑)


    木内さんやカールに興味がある方はこちらも↓
    「本における絵の価値ってどれほどなんですかね? を考え、語る1時間半」木内達朗 × 及川賢治(100% ORANGE)トークイベント
    http://www.iwasakishoten.site/entry/karl/talk1

  • 木内達朗さんの絵が見たくて読んでみた絵本でしたが、
    絵はもちろん、物語の世界観もユニークで、ふしぎな魅力に溢れた絵本でした。
    乗り物が好きな子、それから、雷が怖い子に、オススメです☺️

  • 犬(っぽい宇宙人?)と特急という組み合わせのおかげか、電車系には興味のない娘も面白そうに聞いてくれました。特急がエサを食べてるシーンとか可愛い。
    読み終わったあとに背景がわからず、しっかり前書きを読みました。カール君たちの星を舞台にした壮大な物語の構想があって(スターウォーズ的なバトルもの)、そのスピンオフの可愛らしい作品として、「ちなみに地球に逃れた可愛い電車のあの子たちは…」という絵本ができたんでしょうか。絵本の内容の割に前書きが大風呂敷なのと、言葉遣いが何歳を対象年齢にしているのかチグハグ(絵本を何十冊と読まされている母親たちはこの辺に敏感なので、たとえそれが作者の意図だったとしても違和感覚えます)なのが相まって、苦笑してしまいました。

  •  プロローグがなかなかシュールで、歩く樹木の件は一読では理解しきれず何度か読み直しました。
     この絵本の見どころは絵の美しさにあると思います。建造物の陰影はくっきりとして人工物らしい美しさが、自然の描写は荒々しいタッチの中に繊細さが感じられて対照的ですが、両方が調和して溶け込んでいます。景色が自分好みです。カールはその中間で無機的にも有機的にも見えます。
     もっといろんな景色が見てみたいと思いました。

  • 読み終わって……。
    なんだかなにかににている…どこかで…あー昔見た、あの、ほら………。
    あっ!!トランスフォーマーだっ!というのが、感想。変身はしませんが(^^;
    未来の地球で、生命体+電車のカールが主人公です。なのでトランスフォーマー好きのお父さんも好きそう。

    長文プロローグを読まないと世界設定が理解しにくいので、ひとりで読む絵本というよりは読み聞かせ向きだと思います。プロローグを大人が読みあげて、理解の手助けがあった方がいいかも。
    プロローグ自体が、すでに他の絵本として出版されてるのでは?と思うくらい。

    著者は、「颱風」という表記や「大臣」をリーダーと読ませるルビなど、独特の世界観を持った方のようですね。
    また、イラストレーターということで、絵の方も独特です。全体的に主人公のカールがアップで描かれているわけではなく、広々とした風景や背景にカールが描かれているのが印象的でした。
    いまの世界とは違う世界だから、あえて周りの風景もたくさん盛り込んでいるのかしら?

  • 5歳〜。
    絵が、すばらしく魅力的。
    キャラクターも、とても良い。
    グッズ化してほしい。
    設定、世界観がしっかりとプロローグで語られるのですが、この手法は絵本としては賛否がわかれるのではないかと感じました。例えばトーマスへのアンチテーゼなのでしょうか。
    ここがひっかかり、読み聞かせを重視したする私としては、星は四つとしました。
    作者には、これからも、多くの絵本を描いてほしいと思います。
    勝手なことを書きましたが、応援しています!

  • ブクログのキャンペーンで当選。

    絵はきれいな色合いで素敵。
    内容は鉄道好きな息子にぴったりだけど、文は子どもが読むにはちょっと難しい。
    ことば遣いもだし、字も子どもが自分で読めるようひらがなメインにしてほしかったな。

  • プロローグを読み いざ本編へ‥近未来のお話だけど カールの燃料が木の実⁈クスッとさせられた♪

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

木内達朗(きうち たつろう)
1966年生まれ。国際基督教大学教養学部を卒業後渡米し、イラストレーションの勉強を始める。アートセンター・カレッジ・オブ・デザイン、イラストレーション科卒業。イギリス・ロイヤルメールのクリスマス切手、ニューヨーク・タイムズ、ボストングローブ、ワシントンポストなどのイラストレーションを手がける。装画を手がけた作品に、池井戸潤氏の半沢直樹シリーズ、下町ロケットシリーズなど。絵本に『氷河ねずみの毛皮』(宮沢賢治作)『あめ ぽぽぽ』『ゆき ふふふ』(東直子作 )『あかにんじゃ』(穂村弘作)『いきもの特急カール』など。ほかに『チキュウズィン』(マンガ作品)『木内達朗作品集TATSURO KIUCHI』がある。講談社出版文化賞さしえ賞受賞。

「2020年 『紙ひこうき、きみへ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木内達朗の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×