はれたまたまこぶた

著者 :
制作 : 矢玉 四郎 
  • 岩崎書店
4.60
  • (7)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265820405

作品紹介・あらすじ

「はれぶた」シリーズ、最新刊!!<br>こんどは、則安君の妹の、たまたま、たまちゃんが主役なの!たまちゃんがおふろにはいると、ふろばにぶたが!?(「おふろぶた」)、新聞をとりにいくと、そこにもぶた!?(「しんぶんぶた」)。<br>たまちゃんとぶたの6つの楽しいお話。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いろんなぶたが出てきたからよかった。

  • 詩集の入ったカラーで、可愛い視点だった。

  • 要所要所に登場しては絶妙な愛くるしさを見せてきたたまちゃん。そのたまちゃんがシリーズ10作目にして遂に主役の座に!!!!!

    お風呂や新聞受け、公園の砂場などで、たまちゃんがひたすらぶたを見つけていくお話。
    本当にただそれだけだしオチも別にないんですけど、たまちゃんの可愛さと飄々とした態度だけで、お腹いっぱいになれました。

    これにてはれぶたシリーズ完結???
    途中、十円やすの妄想テンションについていけず、挫けそうになったりもしましたが、最後の最後でこれが読めて本当に良かったです。祝・完走。

  • ぶたがいっぱいでてきて、おもしろかった。

  • はれぶたシリーズ最新作

    てんぽがよくてオモシロイ。
    4歳のRUKAには、オドロキの連続(笑)

    最近たまごをわれるようになったので、たまごぶたが大盛り上がりでした。

  • ≪県立図書館≫

    テンポがよく、内容もかわいかった。
    たまちゃん、こぶたと仲良しだね。
    かわいいね。
    楽しいね。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

【矢玉四郎・著】  大分県別府市に生まれる。作家、画家。日本児童出版美術家連盟(童美連)・日本文藝家協会会員。作品に『はれときどきぶた』『はれたまたまこぶた』などの、はれぶたシリーズ。『はれぶたぶんこ』10巻、版画絵本『じろきちおおかみ』(以上岩崎書店)『おべんとうのえんそく』(教育画劇)『おばけうんどうかい』(PHP研究所)『まほうおしっこシーコッコ』(文研出版)保育絵本『ぶらんこぶーちゃん』(ひさかたチャイルド)など多数。仏道修行中。趣味は尺八。

「2014年 『時計がわかる本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

はれたまたまこぶたのその他の作品

矢玉四郎の作品

ツイートする