だっこっこ

著者 :
  • 岩崎書店
3.40
  • (1)
  • (5)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 137
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784265830565

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 図書館にて

    最後、娘と「ぎゅ!」てするの定番になった

  • 最後まで読めるけど自分からは持ってこないかな。

  • 絵が温かい。だっこでずっと続くのかと思っていたけどそうではなくて。
    だっこっこに似たリズムの言葉がたくさん出てきて、可愛い動物たちの動きを見ながら楽しめる。

  • 読みながら抱っこぎゅーするとニコニコ顔で見てくれる

  • 図書館で借りた

  • 母と子の心暖まるふれあいのひととき

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1969年、愛知県生まれ。保育専門学校卒業後、幼稚園・保育圏勤務を経て絵本作家・童話作家に。主な絵本に『さるのせんせいとへびのかんごふさん』『へびのせんせいとさるのかんごふさん』(絵・荒井良ニ ビリケン出版)、『ぼくのえんそく』『ちゅうしゃなんかこわくない』(絵・長谷川義史 岩崎書店)、『どろぼうだっそうだいさくせん!』(絵・西村敏雄 偕成社)、文・絵を担当したものに『あおいでんしゃにのって』(日本標準)などがある。

「2021年 『なまずにいさん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

穂高順也の作品

ツイートする
×