• Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784267013485

作品紹介・あらすじ

プライバシーの公開を頑に拒否したために、マーガレット・ミッチェルの青春時代を知ることはほぼ不可能だった。しかし、彼女がある男性に10代から20代の2年半にかけて書きつづけた手紙が発見されたことによって、70年以上の時の封印が開かれた。彼女はこの手紙の中で、悩み多き自分自身を『消耗されかかった発電機』と表現し、青春時代の悩みを赤裸々に告白している。

マーガレット・ミッチェルの作品

十九通の手紙を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×