三国志 4 (潮漫画文庫)

著者 :
  • 潮出版社
3.63
  • (17)
  • (23)
  • (46)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 286
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784267014444

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 廃都・洛陽で天子の玉璽(ぎょくじ)を手に入れた孫堅(そんけん)は、袁紹(えんしょう)の陣営・荊州を攻略するも襄陽城の戦いで落命します。一方、権勢を我が物にする董卓(とうたく)の暗殺を企む王允(おういん)は、董卓の軍師・呂布(りょふ)と仲間割れさせるため、絶世の美女で養女の貂蝉(ちょうせん)の力を借り、呂布による董卓殺害に成功するのでした。董卓の死で黄巾賊が息を吹き返したため、朝廷の命を受けた曹操は討伐軍を指揮し鎮圧します。凱旋した曹操は、父の曹嵩(そうすう)と暮らそうと迎えを遣りますが・・・。

  • 感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • 最高

  • 慣れ親しんだ『三国志』のストーリーに極めて忠実な展開なので、さすがに自分如きでも容易に流れが思い出せますな。この頃の曹操は割と迂闊にボロ負けを喫するケースが多くて、大火傷からの葬式偽装とか「どこが知将やねんな…」なパターンに陥りがちで。そしてこの巻、劉備ほとんど出てこないし。ま、貂蝉の健気さに素直に泣こう。董卓もなあ…固太りイメージは一連のゲームによる印象であって、横山ではむしろ神経質ないやらしい中年のおっさんに過ぎぬな。孫堅は割と瞬時に死んで見せ場ほとんど無いのが残念であるが、ま、当時はこんなもんじゃろ。

  • 孫堅はわずか37歳での死去。
    これから孫堅、孫策、孫権と続いていく。

    貂蝉登場。
    貂蝉の身を張った作戦により
    董卓と呂布の仲違いに大いに活躍する。

    実際は史実ではなくて、
    『三国志演義』で創作された美女らしい。
    「傾国の美女」ではないけれど「傾人の美女」と言える。

    董卓死去によって、曹操が漁夫の利を得る。

  • これはもはや小説である。

  • 曹操と劉備の対比というか、対比させたいんだろうな……っていうのが良い。
    ここまでサクサクしてると貂蝉にも嫌みがない。
    曹操の人材バンクの見分けがつかねー

  • 読了。

    董卓あっけなく死ぬ。
    王允の貂蝉を使った『連環の計』が見事にハマって、今までの中では一番爽快だった。

    でも呂布は勢いだけですぐ死にそうだなー。

    逆に曹操はしぶとくて、何度も助かっているところからしてまだまだ活躍するのか。

    劉備はあまり活躍してないけど、また良さげな家臣ができて楽しみ。

    そういや、孫堅も案外あっけなかったな。やっぱ個人の恨みで戦をすると良い結果は生まれないのだね。
    (170120)

  • 孫堅の死。
    呂布の裏切りによる董卓の死。

    曹操が勢力伸ばしてきた。
    ピンチで何度も生き延びているし、天に認められた男なのかもしれない。

  • 本巻では貂センによって董卓と呂布が引き裂かれていくさまが面白い。何度読んでも見事で楽しいシーンである。
    あらすじは以下の通り。
    ・劉備、公孫サンの計らいにより平原の相に任命される。趙雲子龍、劉備に仕えようとするが時期尚早と諭される。
    ・南陽の太守:袁術、兄の袁紹より恩賞がなく兵糧がつき、荊州の劉表に兵糧を借りようとするも断られる。二人を恨み、孫堅を味方につける。孫堅、弟:孫静に私怨だと諌められるも長男:孫策とともに出陣。劉表軍第一陣は江夏城主:黄祖。孫策、夜間に無人の船での奇襲と見せ掛け、敵の矢を尽きさせる等で勝利。次は難攻不落の襄陽城。持久戦に持ち込むも、呂公の奇襲により討ち死に。孫策、長沙に引き揚げる。
    ・王允、貂センを使い董卓と呂布の仲を裂く。呂布、董卓&李儒を殺害。任務を終えた貂センは自害。呂布は董卓軍を深追いするあまり長安を押さえられず、董卓の兵が占領。
    ・黄巾賊、再び暴れ出すが、曹操、呆気なく平定。曹操、父:曹崇をエン州に呼び寄せようとするも、途中の地である徐州の太守:陶謙の部下に殺害される。陶謙、公孫サンに救援を求める。これにより劉備軍、徐州へ向かう。張飛、使者として曹操の元へ向かうが、折しもエン州が呂布に攻め込まれたため停戦に応じる。
    ・曹操、エン州へ引き返し、呂布と対決。呂布の策略により曹操は重傷。曹操は死亡したと見せ掛けて油断した呂布、叩きのめされ濮陽へ逃げ帰る。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ロングセラー「三国志」をはじめ、「水滸伝」「項羽と劉邦」「殷周伝説」(いずれも小社刊)をはじめ、著書多数。

「2019年 『カジュアルワイド 三国志 7』 で使われていた紹介文から引用しています。」

横山光輝の作品

ツイートする