三国志 13 (潮漫画文庫)

著者 :
  • 潮出版社
3.66
  • (18)
  • (15)
  • (38)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 282
感想 : 21
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784267014536

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 曹操は蔡和、蔡仲を「埋伏の毒」として呉軍に送り込むが、周瑜は逆にそれを利用しようとする黄蓋は衆人の前で周瑜に逆らって杖百打の刑を受け、これを恨んで曹操の元へ降ると見せかける「苦肉の策」を用いた

    その頃、伏竜と称された孔明と並び、鳳雛と呼ばれたりゅう統が周瑜の前に現れ、曹操打倒の計略を提言

    連環の計、火の計で、かの有名な赤壁の戦いは、呉軍の大勝利となった

    まさに狐と狸の騙し合い、寸分の狂いも許されない息の詰まる頭脳戦
    それを全てお見通しで、高みの見物を決め込む孔明
    痛快だった

  • 曹操の率いる大軍を前に、劉備に仕える孔明は、周瑜(しゅうゆ)の水軍 による曹操船団の焼打ちの策略(火責めの計)を仕掛けるのでした。ここに知る人ぞ知る〝赤壁の戦い(湖北省)〟が繰広げられ、曹操軍は大敗を期し逃げ落ちる他ありませんでした。曹操が南群の城に辿り着くまでに、孔明が手配した趙雲、張飛らの待ち伏せに出会いますが、任侠に厚い関羽は、手負いの曹操を見逃すのでした。これも孔明が洞察したとおりの結果でした。『三国志』の奥の深いところです。

  •  

  • 赤壁。栄枯盛衰がわかりますが、曹操が、ここで滅びなかったのが凄い。

  • 三国志を読んだことが無かったので、とりあえず、漫画で読破してみた。
    なのでシリーズ通しての感想です。
    横山三国志なので、若干顔の作りが似通って見える。
    また、蜀を主軸に置いており、その中でも桃園の義兄弟の絆を優先的に描く傾向がある上、連載の都合もあり、諸葛亮死後の蜀や、魏・呉・その他勢力のストーリーの一部が割愛されているように感じた。

  • 戦闘があまりないな〜と思いました。

  • 感想は最終巻にまとめて記載予定です。

  • 赤壁の戦いきたー!!

  • 感想とか全然アップできてないのに、既に三顧の礼も終わって、赤壁まで行っちゃったよ…諸葛亮を幾度となく暗殺し損う周瑜も十分がっかりだけど、曹操を討たずに逃がした関羽は、蜀の滅亡については最大の戦犯だと思ってる。馬謖は斬ることになるのに、この時の関羽は「それは最初から計算に入れていた」扱いの孔明を信用しちゃいかんと思うし。それにしても、生き汚い曹操がこの中ではまだ好感が持てるあたり、『三国志』って病んでるよねえ…周瑜も、横山版では決して爽快でもなければ悲壮でも無いし。孔明にいいように侮られて利用されて…

  • 30万人の犠牲者を出した、
    あの赤壁の戦い、レッドクリフ!の巻。

    程昱はかしこい。

    蔡瑁 蔡和 蔡中は、損な役回りだなあ。
    袁術の配下にはろくなものがいない。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ロングセラー「三国志」をはじめ、「水滸伝」「項羽と劉邦」「殷周伝説」(いずれも小社刊)をはじめ、著書多数。

「2019年 『カジュアルワイド 三国志 6』 で使われていた紹介文から引用しています。」

横山光輝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×