三国志 13 (潮漫画文庫)

著者 :
  • 潮出版社
3.61
  • (12)
  • (14)
  • (32)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 222
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784267014536

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 曹操の率いる大軍を前に、劉備に仕える孔明は、周瑜(しゅうゆ)の水軍 による曹操船団の焼打ちの策略(火責めの計)を仕掛けるのでした。ここに知る人ぞ知る〝赤壁の戦い(湖北省)〟が繰広げられ、曹操軍は大敗を期し逃げ落ちる他ありませんでした。曹操が南群の城に辿り着くまでに、孔明が手配した趙雲、張飛らの待ち伏せに出会いますが、任侠に厚い関羽は、手負いの曹操を見逃すのでした。これも孔明が洞察したとおりの結果でした。『三国志』の奥の深いところです。

  • 赤壁の戦いきたー!!

  • 感想とか全然アップできてないのに、既に三顧の礼も終わって、赤壁まで行っちゃったよ…諸葛亮を幾度となく暗殺し損う周瑜も十分がっかりだけど、曹操を討たずに逃がした関羽は、蜀の滅亡については最大の戦犯だと思ってる。馬謖は斬ることになるのに、この時の関羽は「それは最初から計算に入れていた」扱いの孔明を信用しちゃいかんと思うし。それにしても、生き汚い曹操がこの中ではまだ好感が持てるあたり、『三国志』って病んでるよねえ…周瑜も、横山版では決して爽快でもなければ悲壮でも無いし。孔明にいいように侮られて利用されて…

  • 30万人の犠牲者を出した、
    あの赤壁の戦い、レッドクリフ!の巻。

    程昱はかしこい。

    蔡瑁 蔡和 蔡中は、損な役回りだなあ。
    袁術の配下にはろくなものがいない。

  • 改めて読んでみると周瑜がそこまで孔明の手のひらの上で踊らされてる感じもしないし苛烈な周瑜はたいへん好ましい。
    曹操の敗走が痛ましい。

  • 読了。

    とうとうきた。赤壁の戦い!!
    面白かったー。周瑜の戦法が悉くハマって曹操が哀れなぐらいだった。

    コテンパンにやられて可哀想になるぐらいの曹操をやっぱり討てなかった関羽。戦においてはダメなんだろうけど、かっこいいなー。

    しかし関羽のことまで見透かしてた孔明!ヤベェやつじゃーん。
    そりゃ周瑜も殺したくなるよねー。

    映画も観ようと思った。
    (170308)

  • 三国志を代表する戦いのひとつ『赤壁の戦い』!

    呉対魏の「計」が入り混じる戦いは読み応えがあった。

    敗れても逃げ切る曹操。
    本当に悪運強い。

  • 赤壁の戦いキター!
    孔明無双。

  • いよいよ三国志前半のクライマックス、赤壁の戦いである。ここは何度読んでも面白い場面である。再び「レッドクリフ」を観返してみようか…。

    本巻のあらすじは以下のとおり。

    ・曹操、「埋伏の毒」として蔡ボウの甥:蔡和と蔡仲を呉軍の内部撹乱へ。周瑜と孔明は見破った上で利用しようとする。
    ・周瑜、偽りの降伏をするため、老臣の黄蓋を百打の刑にし、周瑜軍が統制を取れていないフリをしたうえでカン沢に曹操軍へ降らせる。曹操、見破るも、蔡和からの諜報により信じる。
    ・周瑜軍に戻ったカン沢、甘寧と示し合わせて蔡和と蔡仲に曹操への降伏を見せつける。周瑜、荊州襄陽の名士:龐統を招き、「連環の計」を聞く。
    ・曹操、蒋幹を周瑜軍に派遣し、内情を探らせるも捕らえられる。蒋幹、逃亡し、龐統宅に逃げる。龐統、蒋幹と共に曹操の下へ行き、船酔い防止に船と船を鎖で繋ぐよう進言。
    ・孔明、東南風を吹かせ、そのまま劉備の下へ去る。趙雲がこれを守る。
    ・赤壁の戦い開始。曹操に降伏すると見せかけた黄蓋の船団、曹操側の湾に雪崩れ込み、火攻めにする。曹操、敗走。趙雲、張飛等に待ち伏せされるが、逃げ切る。関羽は曹操を見逃す。
    ・曹操、南郡の曹仁の守る城へ辿りつく。曹操、都へ戻り、曹仁に南城、夏侯惇に襄陽城を任せる。
    ・劉備の元に諸将が戻るが、関羽は曹操を見逃したことを白状。 死罪は免れる。
    ・周瑜、油江口にいる劉備を訪問。周瑜、呉軍の手に余る場合は勝手に南郡を取れと劉備に伝える。
    ・周瑜、南郡を攻めるが、曹仁に敗れる。甘寧、夷陵城を攻め取るも、曹純&牛金に謀られ囲まれる。

  • 待ってました!レッドクリフ。
    解説はタケカワユキヒデ。とても読みやすい文章でした。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ロングセラー「三国志」をはじめ、「水滸伝」「項羽と劉邦」「殷周伝説」(いずれも小社刊)をはじめ、著書多数。

「2019年 『カジュアルワイド 三国志 7』 で使われていた紹介文から引用しています。」

横山光輝の作品

ツイートする