三国志 14 (潮漫画文庫)

著者 :
  • 潮出版社
3.58
  • (11)
  • (14)
  • (30)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 212
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784267014543

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 〝赤壁の戦い〟に大勝をおさめた周瑜(しゅうゆ)は、勢いに乗じて南郡を攻略しようとしますが、敵の毒矢が命中し深手を負ってしまいます。劉備は孔明の知恵を借りながら、南方の零陵(れいりょう)、桂陽(けいよう)、武陵(ぶりょう)、長沙(ちょうさ)の四群を攻め落としていきます。一方孫権は、荊州の治権を劉備に求めますが、孔明に先手を阻まれてしまいます。動きの取れない呉側は、政略結婚で劉備を誘い込み殺害を画策するのでした。〝裏をもって謀れば、またその裏をもって謀る。兵法の玄妙はここにあり。〟巧妙を極める戦いが続きます。

  • 劉備軍が孫権軍から荊州を掠めとるくだり、劉備軍ひっでえなwってなるよな?
    それと諸葛亮から魏延への長文disもなかなか酷い。
    魯粛がんばれ……

  • 太史慈好きだったなー

  • 太史慈…

    考えてみたら、諸葛亮が登場してから
    ほとんど劉備軍は無用な血を流さない。
    第11巻から主人公が諸葛亮に
    バトンタッチしているようにも思える。
    もしかして、このあたりから
    当時の連載誌が変わったのかもしれない。

  • 読了。

    今度は面白いように玄徳軍が次々と四都を攻め落としていった。

    趙雲かっこいいわー。それに張飛と関羽もやっぱりかっこいい。劉備玄徳の下にこんなにも魅力的な部下がいるなんて、曹操も羨ましいだろうねぇ。

    しかし後半で、何気に劉備が50代みたいなことを言ってて、そんなにおっさんだったのかと衝撃を受けた。

    彼、そろそろ死ぬのかしら。
    っつーか、17歳の嫁娶るとかウゲーだけど。

    呉軍は周瑜が病気になってから散々でちょっと可哀想になってきたよ。
    (170308)

  • 劉備が呉の娘と結婚。
    50歳と17歳・・・

    志が高い劉備が、呉の作戦に嵌り、酒と女に溺れる姿など見たくもない。

    曹操と孫権の戦いは続く。
    太史慈の死が悲しい・・・

  • 本巻では周瑜が主人公である。曹操の部下と戦い、劉備と心理戦を繰り広げる。周瑜は主である孫権を完全に喰ってしまっているほどのキャラである。レッドクリフでのトニーレオンとは少々異り、やや短気で横暴なキャラ。今後、劉備や孔明との戦いが楽しみである。

    本巻のあらすじは以下のとおり。
    ・周瑜、夷陵城に閉じ込められた甘寧を救出へ。周泰が使者になり、周瑜が夷陵城に押し寄せた時、甘寧も同時に城を打って出るよう伝達し実行。曹軍は南城に逃げ込む。
    ・曹洪、曹操の秘策(城を捨て逃げ、落し穴を仕掛ける)を実行。周瑜が引っかかり重傷。曹軍、周瑜を挑発し落馬させ更に勝利。
    ・周瑜、落馬は謀略であるとし、死亡説を広める。曹軍、夜襲を仕掛けるも
    返り討ちに遭う。周瑜、南城に乗り込もうとするも、趙雲に占領されていた。荊州城は張飛に、襄陽城は関羽に占領されていた。魯粛、道理を説きに劉備の元へ向かうが、孔明にあしらわれる。
    ・劉備、孔明の勧めにより馬良を召し抱える。馬良より南の四郡(武陵、長沙、桂陽、零陵)を切り取るよう進言され実行、平定する。
    ・孫権、曹操の部下:張遼が守る合肥城攻略に手を焼く。太史慈、合肥城内に間者を入れて放火させるも、張遼に見破られ討たれる。
    ・劉キ、死去。呉の魯粛、孔明に大義名分はなくなったから荊州を返せと迫るが、「蜀を取ったら返す」とあしらわれ、証文を受け取る。
    ・孫権、劉備を殺すため、妹と劉備を政略結婚させようと企てる。劉備、孔明の意見を聴き受け入れる。

  • 孔明対周瑜の知恵比べ的巻。

  • 周瑜が相変わらずいまいちさえない。そして魯粛は相変わらず蚊帳の外。

  • 黄忠、情けを矢で返す。

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ロングセラー「三国志」をはじめ、「水滸伝」「項羽と劉邦」「殷周伝説」(いずれも小社刊)をはじめ、著書多数。

「2019年 『カジュアルワイド 三国志 7』 で使われていた紹介文から引用しています。」

横山光輝の作品

ツイートする