三国志 30 (潮漫画文庫)

著者 :
  • 潮出版社
3.88
  • (29)
  • (14)
  • (36)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 219
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784267014703

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 魏の国境に攻め入った呉は、甚大な損害を出して敢え無く引き揚げます。その報に接した孔明の落胆は激しく、夜空の星々を仰ぎ見て天命が尽きると悟ります。孔明は忠臣の姜維(きょうい)に自著の兵法24編を託し、54歳で没します(西暦234年8月)。魏延(ぎえん)の謀反を鎮圧した姜維率いる蜀軍は、司馬懿仲達亡き後の魏討伐を仕掛けますが、酒と色香に溺れる日々の蜀帝・劉禅(りゅうぜん)の成都は厭世気分が広まり、魏軍に降伏してしまいます。剣閣で抗戦中の姜維は勅命に従い魏軍に下り、ここに蜀は滅亡するのでした(西暦263年)。

  • もっと若い時に読んでいたかった

  • 蜀は人材不足。。

  • 終盤は魏延に振り回される蜀。
    呂布を思い出した。
    ここで魏延に笑わされるとは思わなかった。
    諸葛亮の死で戦局が決まってしまった。

    楊儀の最期は悲しい。
    いつまでたっても報われない、
    というのは実に辛いことだ。

    曹叡はあっという間に亡くなる。
    政権を手に入れた曹爽は、
    弟の曹義、曹訓、曹彦を任じ、
    一族で身の回りを固めたことによって、
    民心が離れていく。

    その後、司馬懿によるクーデターは成功し、
    司馬懿は曹一族をことごとく処刑。司馬一族の時代に。

    蜀に広がる厭戦気分。
    劉禅の第五子、劉諶の心中は悲しい。
    たった一日で蜀の国を捨てる劉禅。蜀滅亡。
    この戦いは何だったんだ?
    何のために命を投げ出したんだ?
    まるで黒澤明の映画『七人の侍』のラストのよう。

  • 読了。

    孔明ーーー!
    もうこれから先面白くなるのかしら?
    司馬懿まで……。

    しかし孔明がいなくなるとすぐに謀反が起き、更に敵の魏まで揉め事が起きたりと、影響力の大きい人だったんだわ。

    後を任された姜維の応援してたんだけどな。劉禅が超馬鹿過ぎて速攻降伏。

    最後の「蜀が恋しいのでは?」に、そうは思わないと答える劉禅。
    今までに死んでいった将達のことを考えると切なくなった。

    蜀がとうとう滅亡してこれからどうなるのよ。
    (170424)

  • やっと終わったー!1年以上かかったような…。せつないのう。

  • 孔明の死と蜀の滅亡。
    孔明亡き後、どんどん堕ちていく蜀が悲しくてどうしようもない。

    魅力ある将たちの迫力ある無双シーン。
    数々の計略には学ぶことも多い。

    『三国志』というマンガを知るにはもってこいのマンガ。

    ところで最後、呉はどうなった・・・?

  • 魏の背後から迫っていた呉は敗れて呉に引き上げてしまう。
    いかに辱められようと動かない司馬い仲達に孔明はいきずまってしまい、自らの命脈が尽きたことを悟り失意の中事後の策を授けて亡くなってしまう。
    「死せる孔明生ける仲達を走らす。」死後も孔明の策により蜀は無事に引き上げることができるが、ほどなくして魏に攻め込まれ蜀は滅びてしまう。玄徳の子劉禅は魏に身を寄せてしまう。愚かな君主は玄徳・関羽・張飛・趙雲・馬超・黄忠・孔明達が作り上げた蜀を躊躇することなく消し去った。

  • 横山光輝三国志、ようやく読了。今まで何度か途中まで読んでは挫折していたが、昨年12月からのんびりのんびりと読み続け、今回は何とか最後までいけた。今後も時々読み返したい作品である。友人T氏の薦めもあるし、とりあえず次は北方三国志を読もうか。

    本巻のあらすじは以下の通り。

    ・孔明、病に倒れる。孔明、北斗七星に七日祈ろうとするも、ラスト一日で魏延が魏軍攻撃の報を伝える時に粗相し中断。孔明、姜維に兵法を授ける。馬岱と楊儀に自分の死後魏延を討つよう命じる。
    ・孔明逝去。司馬懿率いる魏軍が総攻撃をかけるも、孔明の木像を見て逃げ、長安に引き上げる。
    ・楊儀と魏延が争う。魏延の家来となっていた馬岱が裏切り魏延を斬る。楊儀、新丞相となった蒋エンに嫉妬し魏に走ろうとし、官職を剥奪されて庶民に落とされ自害。
    ・魏の曹叡、孔明の死に安心して宮殿作りに力を入れ民力を損なう。
    ・遼東の公孫淵、魏に謀反を起こすも司馬懿に蹴散らされる。曹叡が逝去し8歳の曹芳が即位、司馬懿と曹爽(曹真の子)が補佐。曹爽、司馬懿を名誉職に祭り上げて実権を握り、曹一族で権力を固める。司馬懿、曹爽の使者に対し仮病を使い安心させる。曹爽、曹芳を誘って狩りに出た隙に宮廷を乗っ取る。曹爽一族は処刑。
    ・夏侯覇、これを不服として反乱を起こすも司馬懿の命を受けた郭淮に敗れ蜀に走る。姜維、これを機に北伐、二つの城を築きコウ安と李キンに守らせる。
    ・郭淮、その二城を囲み、川上を堰き止めて水路を断つ。蜀軍が干上がったところを郭淮が攻撃。姜維は牛頭山から雍州→長安に入ろうとするが、魏軍に見破られ苦戦、漢中に引き上げる。
    ・司馬懿、逝去。
    ・蜀では費イが降将:郭循に刺殺される。蜀の運命は姜維一人にかかる。司馬昭、魏軍を漢中に進撃させる。
    ・劉禅、宦官の黄コウに骨抜きにされ、援軍を送らず、魏軍は漢中を陥落させる。姜維、張翼、剣閣に向かいリョウ化と合流。剣閣で魏軍を防ぐも魏のトウガイに陰平の間道から入り込まれ、フ城、綿竹も落とされる。
    ・劉禅、第五子:劉シンに反対されるも魏に降伏。後日、蜀が恋しいかと聞かれ否定。

  • 中国・三国志時代の攻防を、『蜀』視点で描いた長編マンガ。

    魏・呉・蜀。のちに中国を三分割する三国の興隆から行く末までを描いた。
    蜀を建国し初代皇帝となった劉備玄徳の登場から、桃園の誓いで義兄弟の盃を交わした関羽・張飛、三顧の礼をし迎え入れた諸葛亮孔明ほか、玄徳の息子をひとりで敵地から救い出した趙雲など、多くの人物を学ぶことができる。

    先人たちの意志を引き継ぎ、国のためを思い、東奔西走する故人たちの活躍には感動を覚えた。現代の日本では感じることのできない愛国心や、自分を律する心を学べることができた。社会人になってからも読み直したい。星5つ。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ロングセラー「三国志」をはじめ、「水滸伝」「項羽と劉邦」「殷周伝説」(いずれも小社刊)をはじめ、著書多数。

「2019年 『カジュアルワイド 三国志 7』 で使われていた紹介文から引用しています。」

横山光輝の作品

ツイートする