ロベルト・バッジョ自伝〈2〉夢の続き

  • 潮出版社 (2003年4月1日発売)
3.33
  • (3)
  • (1)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :33
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784267016813

ロベルト・バッジョ自伝〈2〉夢の続きの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人には夢がある。その夢をどうするかは自分次第。夢があっても夢を達成する前に死んでしまう人もいる。だから、自分が生きているうちに、たくさんの夢を持ったほうがいいと思いました。夢を口にするのはとても簡単なこと、でもその夢をかなえる人が、ほんとにすごい人だと思います。夢を叶えるまでにはたくさんの人が支えてくれて、助けてくれえる、けして一人では叶えることができない。だから感謝の気持ちを日々忘れないように生きていきたいです。

  • いやー、やはり痛すぎですよ、この人の人生は。個人的にも手術をしたばっかということもあり、「靭帯断裂」やら「半月板吹っ飛ぶ」とか読んでてだいぶワナワナしてしまいました。読みながら弱りました。んでも、今作は前作の「あとがき」的要素が50%くらい占めてましたね。前作を世に出してからの世間の反応に対する反応という感じで。内容は、バッジョがどうしても2002年のW杯のメンバーに入らなかったのが納得がいかない・・・というのが軸。まぁ、前作のがさすがに内容的にはよかったです。はい。

  • ロベルト・バッジョの2冊目の自伝ですいや、相変わらずカッコいいですバッジョ!なんだろ元祖ちょいワル!?w

  • 日韓ワールドカップの4ヶ月前にまた右膝をふっ飛ばしたにもかかわらず、復帰を本気で信じてリハビリをし、奇跡的に復活し、大活躍までした。残念ながらイタリア代表には選ばれなかったけれども、サッカー選手としては年寄りとされる30代中盤にも関わらず、情熱がすべてを動かすと信じ、プレーを今でも続けている(2004年に引退)。彼の悪魔的な信念のしつこさにはびっくりし、もうお手上げ状態。
    2005-02-13 04:27:43[1]
    2005-07-03 20:27:40[2]

全5件中 1 - 5件を表示

ロベルト・バッジョの作品

ロベルト・バッジョ自伝〈2〉夢の続きはこんな本です

ツイートする