潮新書 目の見えないアスリートの身体論 なぜ視覚なしでプレイできるのか

著者 :
  • 潮出版社
3.52
  • (2)
  • (13)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 151
感想 : 17
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784267020599

作品紹介・あらすじ

あなたは目をつぶって一〇〇メートルを走れますか?リオ戦士たちの「目で見ない」世界はおもしろい。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 副題『なぜ視覚なしでプレイできるのか』
    →それそれ!なんでできるの?と、常日頃不思議に思っていたことがらへの答えがここに!
    俄然、読みたくなってきます…!
    著者の伊藤さんは、名著が多い◎『ケアをひらく』シリーズの、『どもる体』の著者でもあるのですが、人間の身体にとても興味関心がある方なのだなぁ~。深く調べているなぁ~と、著書を読むたび感服いたします。ちなみに、著者の専門は『美学、現代アート』

    裏表紙に記されている文章を紹介します。

    『私たちの多くがいつもやっているのとは違う、別バージョンの「走る」や「泳ぐ」。それを知ることは、障害のある人が体を動かす仕方に接近することであるのみならず、人間の身体そのものの隠れた能力や新たな使い道に触れることでもあります。
    「リハビリの延長」でも「福祉的な活動」でもない。身体の新たな使い方を開拓する場であることを期待して、障害者スポーツの扉を叩きました』

    『メッシのドリブルはブラインドサッカーの動きそのもの』という、本書の中の記述があるのですが、今年、ワールドカップ開催&日本代表決勝トーナメント出場と歓喜していた自分にとっては……!タイムリーでした( ≧∀≦)

  • 目の見えないアスリートの身体論

    走るとは両足を地面から離す行為

    1.空間の人工性
    生活の空間はエントロピーが大きく、スポーツの空間は小さい
    ブラインドサッカーは街中よりはるかに安全と語る日本代表選手

    2.ゲーム条件としての視覚なし
    ゲームとは制限を設ける事
    サッカーの原型は祭り
    制限のひとつとしての障害

    3.目の見える人と見えない人の相互関係

    水泳、木村選手 イメージはない。

    スポーツはエントロピーが少ない。
    純粋に自分の運動一点に集中している。

    気づいたら見えなくなっていた

    見えてない人と夢は違う?

  • 恐るべき才能の出現である。2冊読み、思わずBABジャパン社にメールを送った。直ちに伊藤亜紗を起用して日野晃や初見良昭〈はつみ・まさあき〉を取材させるべきである、と。単なる説明能力ではない。柔らかな感性から紡ぎ出される言葉が音楽的な心地よさを感じさせるのだ。その文体は福岡伸一を凌駕するといっても過言ではない。
    https://sessendo.blogspot.com/2020/12/3.html

  • スポーツは、目の見えない人にとっては、安全な場所。という感覚に驚いた。

    ルールがあるからこそ、自由に出来る。それは、フィールドやコートといった仕切られた空間も同様。

    ルールがあるから自由、安全という感覚は、一般的な社会においても、示唆を与える。

    とにかく、特殊な状況を理解することは、物事を理解する上で、様々な気付きを与えてくれる。

  • スポーツに限らず日常においても視覚からの情報というのは非常に大きい。

    そんな視覚情報を使わないスポーツ競技のアスリートは一体どのように身体を使いこなしているのか。

    未知の世界の身体論は非常に興味深かったです。

  • 前著「目の見えない人は世界をどう見ているのか」の一流アスリート編。興味深い世界が開かれていく。視覚障害に対して、かわいそうではない、平等な地平がスポーツを通して見えてくる。

  • 対談形式でのパラスポーツのあれこれ。
    考え方、捉え方が分かって面白かった。

  • 当然ながら今の巷が大好きなお涙頂戴的感動話ではなく、パラアスリートの身体や脳の動きを科学的に分析するのが主題。たとえば視覚障碍者は健常者のようなイメージトレーニングは出来ないが、世界トップレベルのパラアスリートがしている代替手段などは一般市民アスリートである私にも目から鱗的なヒントとなった。

  • ブログをこちらに書きましたので、宜しければお読みください。

    http://sommelierofbooks.com/politics/blindathletes/

    2020年に東京で
    オリンピック・パラリンピックが
    行われます。
     
    でも『パラリンピック』は
    ルールも分からないし、
    どこをどう楽しんだらいいのやら・・・
    というのが正直なところでしょう。
     
    しかし、ルールさえ分かれば
    パラリンピック競技を楽しめる
    可能性は十分にあるのです。
     
    今回は『目の見えない人』の競技に絞った
    本を紹介します。

  • 『目の見えない人は世界をどう見ているのか』のアスリート版。
    目が見えなくなったその人の物語ではなく、競技に対する技術と戦略のはなし。空間の中で自分をマッピングして俯瞰と主観を切り替えていく話がおもしろかった。また目から鱗。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京工業大学科学技術創成研究院未来の人類研究センター長、リベラルアーツ研究教育院教授。マサチューセッツ工科大学(MIT)客員研究員。専門は美学、現代アート。東京大学大学院人文社会系研究科美学芸術学専門分野博士課程修了(文学博士)。主な著作に『ヴァレリー 芸術と身体の哲学』『目の見えない人は世界をどう見ているのか』『どもる体』『記憶する体』『手の倫理』など多数。

「2022年 『ぼけと利他』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊藤亜紗の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森田 真生
トマ・ピケティ
ヴィクトール・E...
國分 功一郎
ジャレド・ダイア...
恩田 陸
三浦 しをん
夏目漱石
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×