災害と生きる日本人 (潮新書)

  • 潮出版社
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784267021688

作品紹介・あらすじ

各メディアで引っ張りだこの磯田道史氏と、万葉集研究の大家にして文化勲章受章の中西進氏。
地震、噴火、津波、人災、その極みである戦争。過去の歴史を振り返りながら、万葉集に遺されたメッセージから、先人たちの知恵から、現代日本人とその目指す場所を縦横無尽に語りつくす!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読了。歴史学者の磯田先生と国文学者の中西先生の対談形式の本。歴史からアプローチする災害をテーマに話をされているが、全体としては災害の話はそこまで多くはない。
    技術は進んでも、人の行動はそんなに変わるものではない。昔の人が書き記したものから学ぶというのは大切なことだと思う。ドナルド・キーン氏も言っていたが、日本の日記文化というのはとても興味深いのだと思う。
    中西先生の万葉的解釈が面白く、万葉集を読んでみようかなと思った。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

中西進(なかにし すすむ)
1929年、東京生まれの日本文学者、比較文学者、万葉学者。奈良県立万葉文化館名誉館長、池坊短期大学学長など多くの経歴を持つ。1964年『万葉集の比較文学的研究』で第15回読売文学賞、1970年日本学士院賞で『万葉史の研究』、1990年『万葉と海彼』で第3回和辻哲郎文化賞、1997年『源氏物語と白楽天』で第24回大佛次郎賞をそれぞれ受賞。他にも、万葉集研究の大家として多くの業績があり、『万葉集 全訳注原文付』(講談社文庫)の作品がある。

中西進の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケシンスケ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×