ヤマトタケル (山岸凉子スペシャルセレクション)

著者 :
  • 潮出版社
3.72
  • (4)
  • (17)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 130
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・マンガ (405ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784267905407

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 梅原猛先生の原作を山岸涼子先生が描いた
    「ヤマトタケル」

    いろんな解釈があるとは思うけど
    こんな感じ好き。

    他にも短編
    「あやかしの館」
    「幻想曲」
    なども収録

  • ヤマトタケルの物語の本当に詳細は置いておき、流れはよくわかる初歩的な感じ。でも、これでヤマトタケルに興味を持つにはよい内容だと思った。参考文献なんかもつけてもよいと思う。

  • 本読みの友より、あれこれ届いた荷物のなかに、読みおわったからあげると入っていたマンガ。初出は1986~87年の「ASUKA」で、この本は"山岸凉子スペシャルセレクション"として去年出たもの。表題作は梅原猛の原作だという。

    父である天皇[すめらみこと]の命により、熊襲討伐にゆき、あっという間に平らげてしまった小碓命[おうすのみこと]は、人々にヤマトタケルと呼ばれるようになった。タケルとは一番強い男に奉られる名で、大和朝廷の皇子ゆえに、ヤマトタケル。

    熊襲を討った武勇をもって、次は蝦夷へ向かって北方蛮族を大和朝に与[くみ]するよう働いてもらいたいとのおおせを受けたタケルは、伊勢の神刀、叢雲[むらくも]の剣[つるぎ]で相模の国の蝦夷を平らげた(この剣が、のちに「草薙の剣」と呼ばれる:三種の神器のひとつ)。

    蝦夷の民を討ったのち、蝦夷の頭・ヤイレポとヤイレムのきょうだいから投げられた言葉を、タケルが反芻する場面。蛮族はどちらなのかと思う。
    ▼我々の国へ勝手に押し入り
     それを蛮人といわずなんといおう
     この日の本の国はもともと我々の国なのだ
     後ろから… これがおまえ達 大和の蛮族のやり方だ(p.187)

    従者のヘタルベが、ヤイレポの跡取りを見逃してはならぬと斬ったことに、タケルは激怒する。ヘタルベに「男子の跡取りをたつのは戦の鉄則ではございませんか あの少年をあのまま見逃しては後顧の憂いとなりましょう」(p.184)と言われても、なかなか怒りは収まらない。

    小学校や中学校の歴史の教科書には「ほろぼしました」という表現がよく出てきた。その教科書を使っていた頃にはあまりよく分かっていなかったけれど、「ほろぼしました」とは、一族皆殺しということ。

    歴史の多くは「ほろぼした」側から書かれ、「ほろぼされた」側が描かれることは少ない。ヤマトタケルの物語は、そのことを考えさせる。

    (1/14了)

  • 20130722
    面白かったー
    私は好き。
    正統派なので真面目に読みたいときに。軽く読みたいときは向かない。
    ヤマトタケルがムキムキでちょっと微妙だったけど。笑

    あやかしの館
    叔母の家に居候することになった姪っ子さんの体験話。コメディ風?のオカルト。

    幻想曲
    少し怖い童話的物語を絵をメインで描いた小品集的なもの。

  • オリジナルストーリーでないこともあり、印象薄め。主人公がムキムキすぎる。

  • 古事記編纂1300年ってことで個人的に盛り上がりを見せているのと、同著者の「日出処の天子」を前々から周囲の人に勧められていたので(そっちはまだ読んでないけど)読むことにしました。神話や歴史が好きなので物語自体楽しめたし、その知識が増えるほど、その縁の神社や土地の見方が変わるため、旅行がしたくなったり。
    あと「日出処の天子」もらしいですが、この本でもBL臭がするキャラが出てくるので山岸涼子さんは同性愛を描くことが多いのかなぁ、など。

  • 「日出処の天子」作者が、梅原猛氏の原作で描いたヤマトタケル。個人的にはこの方のほっそり美青年が好きなので、そんなヤマトタケルでクマソを籠絡して欲しかったです(笑)

  • 神話もの。私は神話が好きなので☆4つ。神話に興味のない方には、あんまり向かないかも。

  • 幻想曲けっこう好きだな

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1969年、漫画家レビュー。1983年、「日出処の天子」で第7回講談社漫画賞受賞。2007年、「テレプシコーラ(舞姫)」で第11回手塚治虫文化マンガ大賞受賞。代表作に「アラベスク」「妖精王」など多数。

「2016年 『山岸凉子画集 光』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山岸凉子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ヤマトタケル (山岸凉子スペシャルセレクション)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×