ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)

制作 : 有賀 裕子 
  • ランダムハウス講談社
3.70
  • (256)
  • (348)
  • (506)
  • (38)
  • (5)
本棚登録 : 2892
レビュー : 313
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784270000700

作品紹介・あらすじ

差別化、低コスト、コア・コンピタンス、ブランディング…。これまで数々の「戦略」がもてはやされてきたが、ライバルと同じ市場で戦うかぎり、どれほど巧妙に戦略を練ったところでいずれ消耗戦を強いられることになる。血みどろの戦いが繰り広げられるこの既存の市場を「レッド・オーシャン(赤い海)」と呼ぶのなら、いま企業がめざすべきは、競争自体を無意味なものにする未開拓の市場、「ブルー・オーシャン(青い海)」の創造だろう。本書は、T型フォードからCNN、セメックス、ニューヨーク市警察、シルク・ドゥ・ソレイユまで、過去120年間30以上の業界で生み出されてきたブルー・オーシャンの調査結果をもとに、未知の市場空間を創造し、差別化と低コストを同時に実現するための戦略を説き明かした画期的な書である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ブルーオーシャン戦略のコンセプトが出た時はビジネス界に大きな衝撃を受けたと言われている。確かに、レッドオーシャンの中で自社が揉まれても、パイの取り合いになってしまいかねないし、WIN LOSEになるだろう。さらには疲弊した環境になりかねない。そうなる前に、新しい市場を創り出す必要がある。それを説いたのがブルーオーシャン戦略である。非常にコンセプトは興味深いが、一般的な戦略の中でも、ユニークさ、差別性というところを深く突き詰めると、本書のような考え方になると思う。その中でどうブルーオーシャンへ行き、かつ生存していくかというところが焦点になるだろう。さらに、ブルーオーシャンもゆくゆくはレッドオーシャンになってしまう可能性が高いし、そのスピードも早まっていると思う。結局、企業は継続的にスピードを高めながら、価値を創造させていくしかない。

  • 理想が高過ぎる。

  • 巷ではブルー・オーシャンっていう言葉がかなり一般的になっている。本書を読むまではブルー・オーシャンを創造するための手法という理解であったが、本書の内容はどちらかというとブルー・オーシャン市場の開拓は、製品コンセプトの再構築をした後の結果である印象を受けた。ようは、顧客ニーズを的確に捉えて、製品コンセプトを適正に再構築することが重要で、本書で語られる手法はその一側面でしかない。ブルーオーシャン”戦略”と位置付けられているが、ブルーオーシャンとは、製品コンセプトの再構築の結果、そこに未開拓市場があればブルーオーシャンが拡がるという結果に過ぎない。
    ただ本書の内容を製品コンセプトの構築の仕方の方法論として捉えれば非常に有益な考え方であるし、また分かりやすく理解もしやすい。そういう意味ではかなり有益な方法論が語られている。

  • 以前読んだことがあるが、こちらも久しぶりに読み返し。
    ブルーオーシャンの見つけr方を改めて確認。

    それにしても、ブルーオーシャンを創造しても、後から押し寄せてくる勢力は必ずいるので、同じ場所に安穏としていてはいけないという教訓のほうが、今回は入ってきた感じである。
    一度ブルーオーシャンを見つけると、そんなに遠くない将来必ず競合が現れ、みるみるレッドオーシャンになっていく。
    繰り返し繰り返し新たなブルーオーシャンを探し続けることは、並大抵の努力ではできないことを知った上で、新しい海を探しつつ、現在の戦いで少しでも浮き上がる方策を見つけることが必要。
    この理解の下で、読み返すと最近読んできた戦略本と合い通じるものがあり、特別なことではなく流れの延長にある戦略だとわかった。

  •  私は本書を読む前は、ブルー・オーシャンとレッド・オーシャンを聞いても、単なる競争の少ない市場と競争の少ない市場のことを指しているだけのことではないかと思っていた。そして、ブルー・オーシャンは競争の少ない市場を選んで参入すれば良いだけのことではないかと考えていた。
     ところが、本書を読んでそんな単純な話ではないということが分かった。ブルー・オーシャン戦略では、たとえ市場がレッド・オーシャンであってもブルー・オーシャンを創造できるというのである。これには驚いた。
     具体例としてサーカスとシルク・ドゥ・ソレイユが取り上げて説明しているのを読んで、シルク・ドゥ・ソレイユというのはそのような戦略があったのかと本当に驚いてしまった。
     また、ニューヨーク市警の実例も驚くべき改革があったことを知ることができた。
     その他、自動車産業や私の好きな映画産業についての例も解説してくれていて、ブルー・オーシャンについての考え方が理解できるようになっていた。
     本書にはブルー・オーシャンに関する戦略だけでなく戦術についても解説がなされている。
     本書は堅苦しい内容のビジネス書の部類に入るはずなのに、読んでいて非常に面白く、かつ興味深く読むことができた。
     翻訳者の方がよほど上手く日本語に訳してくださっているのではないだろうか。
     本書の内容は経営者が経営戦略を立てるのに非常に参考になるし役立つものと思われる。
     私も本書を読むことができて良かったと思えた。

  • 未開拓の市場空間「ブルー・オーシャン」を創造し、差別化と低コストを同時に実現するための戦略を説明する書。
    市場創造を実現するキーワードとして「バリュー・イノベーション」と「ティッピング・ポイント・リーダーシップ」が気になった。
    バリュー・イノベーションについては、顧客価値の創造だの、提供だの、経営書を読むとだいたいぶつかるので、さほど目新しくないのだが、QBハウスやシルク・ド・ソレイユの事例で語るので、書籍としてのわかりやすさがうけたのだろう。一方のティッピング・ポイント・リーダーシップについてはあまり触れられていないので、その名もズバリ「ティッピング・ポイント」を読んでみることをお勧めします。

  • 最近よく聞くブルーオーシャン戦略を世に広めた本。
    しかし、もっと深いことが書いてあるのかと思ったが
    あまり驚くようなことはなかった。

  • ブルーオーシャン戦略というものの概念があまりにも有名すぎてほとんどが“既知の内容であろう”とたかをくくっていた。と考えてきちんと内容を精読していない人は意外と多いのでは無いだろうか。
    私も多分にもれずその一人であったが、読了してみて意外に思ったのが、割りとテクニカルな内容であったところだ。
    本文にもあるが、「レッドオーシャンを戦うためのフレームワークは数多生み出されてきているが、ブルーオーシャンを戦うためのフレームワークはまだ未成熟」として、実践的なフレームを複数用意してくれている点で一読の価値アリである。
    また、こういった競争戦略論系統の著書にありがちな「戦略立案まで」が語られている学術的な側面だけで終わらずに「実際にブルーオーシャン戦略を遂行するにあたって陥りがちな落とし穴」の例示と具体的な解決策、大切にすべきことまできちんと書かれているためより親切な印象を受けた。
    どんなに素晴らしい戦略も、プロセスがおろそかで周囲の反対にあってしまう。ということを避けられるよう転ばぬ先の杖がきちんと用意してある。

    知ったかぶりしやすい概念なだけに、きちんと学んでおくべき一冊。

    ■学んだポイント
    ・ブルーオーシャン戦略=需要を押し上げて競争から抜け出す
    ・バリューイノベーション
     →買い手や自社にとっての価値を大幅に高め、競争のない未知の市場空間を開拓する
     →バリュー(価値)あるいはイノベーション(革新)どちらか一方では成り立たない。これら二つは等しく重んじられる。
    ・分析ツール・・・戦略キャンバス/4つのアクション/アクション・マトリクス
    ・市場の境界を引き直す6つのパス
    ・戦略立案の正しい順序→買い手の効用→価格→コスト→方法論
    ・ティッピング・ポイントリーダーシップ・・・一定数を超える人の信念と熱意の収斂は拡散ではなく集中的なコミュニケーションによって引き起こされる
    ・公正なプロセスを支える3つのE・・・Engagement(関与)、Explanation(説明)、Clarity of Expectation(明確な期待内容)
    ・人間として価値を認めてもらいたいという感性の尊重を公正なプロセスによって実現する

  • アメリカの学者の特徴なのか、事例を多く取り上げていて、非常に分かりやすかった。
    内容に関しては、特に資本主義社会の生産活動に直接従事していない公的機関についても、本著で述べられているブルーオーシャン戦略が使われたことが非常に興味を惹いた。

  • 個人的には、「ブルーオーシャン」と「レッドオーシャン」という
    二つの枠組みを言葉で表したことが一番の成果だと思う。
    現実の戦略検討プロセスでコンセプトを共有できるって素晴らしい。

    ツールがどれだけ有用なのかはわからない。
    戦略キャンバスをバランスよく描くというけれど、
    左から右に向かってどういう風に競争点を並べればいいのか
    本の中には書いていない。

    みんなが「ブルーオーシャン」を目指したら競争はどこに行くのだろう。
    終わりなき旅だね。

  • 過剰競争の既存の枠から差別化を行い、競争の少ない新たな枠組みを作り上げましょうという本だと、読めました。
    この本は意外と読みやすく、面白いと思います。具体例が多く、参考になります。

  • 一時期流行った言葉であるブルーオーシャン戦略の元になった本
    書いてある内容や戦略キャンパスの数値の妥当性などは、あまり定量感がない
    ポーター氏のポジショニングの数値指標化しているだけな感が否めない
    ブルーオーシャンを目指すのは企業だとどこも同じではあるし
    戦略を取る上での軸の決め方が有効だと理解しているので
    この本を読まなくても良いかと今は思う

  • 戦略キャンバスを描くことで他社との差別化、捨てるところ、尖らせるところが見えてくる。
    キャンバスの項目設定も大事。6つのパス
    代替産業から学ぶ
    業界内の他の戦略グループから学ぶ
    買い手に着目する
    補完サービスを見渡す
    機能と感性を分けて考える
    外部環境の将来を見通す

    結局、やるのは人なので従業員の知性や感性を認める。そのためには対話が必要で話をよく聞いて、参加を促し、情報をオープンに伝えること。

  • 読了

  • 役に立ちそうなフレームワーク
     戦略キャンバス、アクションマトリクス(4つのアクション)
    優れた戦略に共通する3つの特徴
     ?メリハリ?高い独自性?訴求力のあるキャッチフレーズ

  • 基本中の基本ながら今まで読んだことがなかったが勉強になった。
    停滞気味のビジネスを行っている企業に勤める身としては考えさせられる一冊。

  • 非常にわかりやすく書かれていて参考になりました。
    (実際に自分で新たな分野を開拓するのは難しそうですが)

    ビジネス戦略初心者としては、ほかの人が何を考えて新たな戦略を練りだしたのか、また練り出すためのプロセスを踏んだのかが分かったいうメリットもありました。

    時間がなくて取り上げられていたフレームワークのメモを取れなかったのが残念。

  • 有名なマーケティング戦略本。

    本書の成功の秘訣は、内容の斬新さもさることながら、レッド・オーシャンとブルーオーシャンというネーミングによるところも大きいだろう。

    だってカッコいいもんね。

    でもねえ、一番難しいのは、戦略を実行する部分。
    「組織面のハードルを乗り越える」ところではないだろうか。

    もちろんそれは、乗り越えようとする人が、どれぐらいの地位にいるかによるだろうが。

  • 20180915
    競争が発生しているレッドオーシャンを避け、バリューイノベーションを起こしブルーオーシャンに向かうことが企業にとって大事であると説いた名著。
    構成としては、ブルーオーシャンを定義する戦略キャンバスの考え方、戦略キャンバスの境界線の引き方、戦略の策定、戦略の実行という章立てである。
    戦略を立てるとは競争をせずに価値を生み出すことである、と思考の転換が必要である。同じオーシャンでエクセレントカンパニーであり続けることは不可能であり、常にマーケットを分析し、イノベーション=変わり続けることが大事である。
    個人にとっても、常に自分を見直することで、自分にとっての価値とは何か、それを発揮・取得するための手段は何かを考え続けることが大事である。

    _____以下詳細______

    ブルーオーシャン戦略
    →組み合わせによる新規マーケットの創出
    ビジネスを生み出すに当たっての思考様式を身に付けたい

    バリューイノベーション
    =戦略
    ・コスト低下
    ・価値の上昇

    戦略キャンバス
    ・横軸=競争要因
    ・縦軸=高低
    ①メリハリ
    ②高い独自性
    ③訴求力のあるキャッチフレーズ

    4つのアクション
    ・増やす
    ・付け加える
    ・減らす
    ・取り除く

    アクションマトリックス

    どのように戦略キャンバスの境界線を引くか
    6つのパス
    ①代替産業に学ぶ
    ②業界内の他の戦略グループから学ぶ
    ③買い手グループに目を向ける
    ④補完財や補完サービスを見渡す
    ⑤機能志向と感性志向を切り替える
    ⑥将来を見通す

    戦略をビジュアル化する
    ①目を覚ます
    ②自分の目で現実を知る
    ③ビジュアルストラジーの見本市を開く
    ④新戦略をビジュアル化する

    正しい順序で戦略を考える
    ①買い手にとっての効用
    ②価格
    ③コスト
    ④実現への手立て

    組織面の4つのハードル
    ①意識のハードル
    ・現場を見せる
    ②経営資源のハードル
    ・資源の高低を分析
    ・資源のコンバート
    ③士気のハードル
    ・中心人物
    ・金魚鉢のマネジメント
    ・細分化
    ④政治的なハードル

    実行するための公正なプロセス
    ①関与 Engagement
    ②説明 Explanation
    ③明快な期待内容 Clarity of Expectation

  • ブルーオーシャンとはよく聞くが、この本がその用語を生み出した原因。
    ブルーオーシャンにたどり着くまでが大変なのだが、同時期にマイケルジャクソンの伝記を読んで、まさにスリラーのMVがブルーオーシャンを開拓した瞬間だったんだなと納得。
    そんな突飛なアイディアじゃなくても、ブルーオーシャンはある。
    自分のビジネスにも活かしたい。

  • 少々説教くさい翻訳の論調が気になりますが、豊富な実例紹介とブルーオーシャン戦略(競争のない市場への参入)を立案するための手法がふんだんに盛り込まれています。

    いくつかポイントを私なりの言葉で。
    1. ブルーオーシャンを切り開くには、同業他社や直接の競合製品ばかりをベンチマークしていてはいけない。一見競合していない業界や製品にも視野を広げながら、自社製品がどういう価値を提供しようとしているのかということを考える必要がある。
    2. ブルーオーシャンはあくまでも規模の最大化を目指すのがルール。市場のパイを広げることのできない既存顧客への固執は、他社のイノベーションによって既存顧客すら逃してしまうという可能性があるということを肝に命じなければならない。
    3. 例え素晴らしいブルーオーシャン戦略が描けたとしても、戦略家だけで自己満足・自己完結してしまってはいけない。トップから最前線の現場、もちろん顧客まで、皆がWin-Winの関係を共有する必要がある。
    4. ブルーオーシャンに革新的な技術は必ずしも必要ではない。潜在的なニーズ、根本的なニーズを見極めることが重要。(そのため、一度成功してしまうとイノベーションのジレンマに陥りやすい)
    5. 永遠のエクセレント・カンパニーは存在しない。戦略は常に見直す必要がある。

    ただ、個人的に期待していた事例紹介の記述が結構アッサリしていて、事例の件数自体は豊富なものの、どれも上辺だけを掴まされているようで消化不良でした。

  • 企業が生き残るために、現状の厳しい市場いわゆる「レッドオーシャン」の中で戦っていくのではなく
    競争者のいない新しい市場を作り出し、新しい価値市場を創り出していく。この市場を著者は「ブルーオ
    ーシャン」といい、ブルーオーシャンを生み出す為のノウハウが書かれている。
    当社の場合を見てみてもレッドオーシャンの中で価格競争をはじめ競合他社と血みどろの戦いを行ってい
    る。これでは企業はいずれ疲弊してしまい、勝つか負けるかが第一優先となってしまう。
    ブルーオーシャン戦略では、競争のない市場空間を切り開き、競争を無意味なものにして、新しい需要を
    掘り起こす。さらに価値を高めながらコストを押し下げる為に「差別化と低コスト」を追求していく。
    まさしくこの「ブルーオーシャン戦略」は今後のキーワードになりそうであり、フレームワークやノウハ
    ウを部内で共有していきたい。さらに熟読したい本である。

  • ①メリハリ ②高い独自性 ③キャッチフレーズのある「Value curve 価値曲線」を作るための4つのアクション:(+)増やす・付け加える(-)取り除く・減らす

  • これから起業を考えている方におすすめです。
    すでに会社を起こし、詰んでる方(私)
    も是非読まれるといいと思います。

  • 戦略分析ツールを用い具体的に成功している例示、分析している箇所はさんこうになった。ブルーオーシャンを阻む要因を意識し続ければブルーのままでいられるが、その後何十年とブルーのままでいられるかは時代の流れや環境を意識する必要がある。


    企業分析時のツールとして戦略分析ツールと、市場のルールを引き直すなどの観点を使うべき。

  • 2章 分析のためのツールとフレームワーク
    戦略キャンパス
    4つのアクション
    アクションマトリクス


    4章 細かい数字は忘れ、森を見る

    7章 組織面のハードルを乗り越える
    p199
    戦略実行にともなう組織面の4つのハードル
    ・意識のハードル(現状に浸りきった組織)
    ・経営資源のハードル(限られた経営資源)
    ・士気のハードル(やる気を失った従業員)
    ・政治的なハードル(強大な利害関係者からの抵抗)
    →ニューヨーク市交通局の事例を参考に

    8章 実行を見据えて戦略をたてる
    公正なプロセス
    →従業員の知性や感性を重んじる
    →信頼と熱心な関与
    →戦略の実行に進んで協力

    公正なプロセスの不在
    →従業員の知性や感性を軽視する
    →不信と憤り
    →戦略の実行を拒否

    2つの工場の事例をもとに説明

    9章 ブルーオーシャンの持続と刷新
    p245
    ブルーオーシャン戦略の模倣をはばむ障壁
    ・従来の理屈をもとに考えたのでは、バリューイノベーションは理解できない
    ・ブルーオーシャン戦略は、他者のブランドイメージとは相容れない可能性がある
    ・自然独占によって、2社目の参入が成り立たない場合が少なくない
    ・特許や法規制が模倣を防ぐ例がある
    ・バリューイノベーションを実現した企業は、規模の拡大を通してコスト優位性を築き、模倣者の参入意欲をくじく
    ・ネットワークの外部性が模倣をはばむ
    ・模倣を実践するには往々にして、業務オペレーション、社風、社内政治のあり方などを大幅に改める必要がある
    ・バリューイノベーションを成り遂げた企業は、ブランド人気が沸騰して顧客から高いロイヤルティを得るため、他者は模倣しづらくなる
    巻末資料A ブルーオーシャン創造の歴史的形態(具体的でわかりやすい)
    自動車産業
     フォード、GM、日本自動車
    コンピュータ産業
     IBM、DEL
    映画館産業
     単館、メガプレックス

  • ブルーオーシャンに行く為の戦略。

  • 3

  • 【選書者コメント】ブルー・オーシャン戦略という新しい用語に興味があり選びました。

全313件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

W・チャン・キム(W. Chan Kim)
韓国出身。INSEADブルー・オーシャン戦略研究所(IBOSI)の共同ディレクター。主な著作に『ブルー・オーシャン戦略』、『ブルー・オーシャン・シフト』。
米ミシガン大教授などを経て現職。欧米、欧州連合(EU)諮問委員、世界経済フォーラムのフェローなどを務めており、“Thinkers 50”(世界で最も影響力のある経営思想家)の第2位に選ばれている。

ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)のその他の作品

W・チャン・キムの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ハロルド・ジェニ...
ジェフリー・ムー...
エリヤフ・ゴール...
トーマス・フリー...
トーマス・フリー...
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
ジーン ゼラズニ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ブルー・オーシャン戦略 競争のない世界を創造する (Harvard business school press)を本棚に登録しているひと

ツイートする