ヴァイキングと白夜の乙女 (ランダムハウス講談社文庫)

  • 武田ランダムハウスジャパン
3.43
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (592ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784270102695

作品紹介・あらすじ

9世紀アイルランド。裕福な毛皮商の娘ザラベスは、一見不自由ない生活を送っていた。だが、彼女の体を狙う継父や、彼女を貶めようと策略を巡らす兄夫婦に囲まれ、唯一安らげるのは耳の聞こえない妹といる時だけだった。ある日、そんな彼女を交易に訪れていたヴァイキングの男が見初め、ぜひ妻にと望む。傲慢ながらもユーモラスなその男に惹かれたザラベスは、申し出を承諾する。その先にどんな悲劇が待っているとも知らず…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 図書館の本

    内容(「BOOK」データベースより)
    9世紀アイルランド。裕福な毛皮商の娘ザラベスは、一見不自由ない生活を送っていた。だが、彼女の体を狙う継父や、彼女を貶めようと策略を巡らす兄夫婦に囲まれ、唯一安らげるのは耳の聞こえない妹といる時だけだった。ある日、そんな彼女を交易に訪れていたヴァイキングの男が見初め、ぜひ妻にと望む。傲慢ながらもユーモラスなその男に惹かれたザラベスは、申し出を承諾する。その先にどんな悲劇が待っているとも知らず…。

    もうロッティがステキすぎます。
    スピンオフで大人になって出てこないかなぁ?
    ザラベスの気持ちを誰も理解せず、うそをつく人が信じられるというのはこの時代の典型なのでしょうか。
    笑わせてくれる人が真の伴侶なんですね。

    Season of the sun by Catherine Coulter

  • 2009年8月23日読了。

    普通だったかな。
    ヴァイキングって設定は私にはイマイチ。
    ヒロインもちょっと知性が勝ちすぎててイマイチ・・・。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

キャサリン・コールター  Catherine Coulter
1978年に作家としてデビュー。以来本格的な長編ヒストリカル・ロマンスを次々に発表し、人気作家となる。
『旅路』(二見文庫)から開始されたFBIシリーズは、新刊が出版されるたびにニューヨーク・タイムズのベストセラーリスト上位にランキングされている。
現在は二匹の愛猫とともにカリフォルニアに在住。

「2019年 『誘発』 で使われていた紹介文から引用しています。」

キャサリン・コールターの作品

ヴァイキングと白夜の乙女 (ランダムハウス講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×