性的支配と歴史―植民地主義から民族浄化まで

著者 :
  • 大月書店
4.60
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 44
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (338ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784272350278

作品紹介・あらすじ

世界の歴史における性暴力の常態化。沈黙させられてきた人びと。「性的支配」とは何か。領域を越え、議論する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 様々な時代、様々な地域における性暴力を、支配/被支配を生み出し維持するものとしての「性的支配」として概念化することが試みられている。シンポジウムをもとにしているため、扱われている事例とそのアプローチの仕方も多岐にわたる。歴史をはじめ、文学や絵画から、昨今の国際法の潮流まで収録されている。編者が序章で書いているのだが、性的支配から生まれた者・ものの両義性をどのように捉えるかという問題提起が興味深い。

  • 性暴力と性的支配 宮地尚子著. 
    ヨーロッパ文明批判と性的支配 工藤庸子著. 
    国家と戦時性暴力と男性性 田中利幸著. 
    軍隊の影 鈴木透著. 
    性的支配と現地女性 喜納育江著. 
    被征服男性の〈受忍〉 落合一泰著. 
    奴隷制、魔女裁判とカリブの女性 大辻都著. 
    国内紛争と民族浄化・性暴力 中満泉著. 
    国際刑事裁判所における国際犯罪としての性暴力 建石真公子著. 
    語られぬ真実 宇佐美誠著.

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

宮地尚子(みやじ・なおこ)一橋大学大学院社会学研究科教授。専門は文化精神医学・医療人類学。精神科の医師として臨床をおこないつつ、トラウマやジェンダーの研究をつづけている。1986年京都府立医科大学卒業。1993年同大学院修了。主な著書に『トラウマ』(岩波新書)、『ははがうまれる』(福音館書店)、『環状島=トラウマの地政学』(みすず書房)がある。

「2022年 『傷を愛せるか 増補新版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮地尚子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×