マンガでわかるフーリエ解析

  • オーム社
3.97
  • (9)
  • (13)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 160
感想 : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784274066177

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • マンガでわかるシリーズが好きなので読んだ。微積や三角関数についても学べる

  • 電子ブックへのリンク:https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000003939 
    ※学外から利用する場合は、リンク先にて「学認アカウントをお持ちの方はこちら」をクリック→「北海道大学」を選び「選択」をクリック→入学時に配布されたID/PWでログイン

  • 数学の想像しにくい部分を直感的に説明している良書であった。乱暴に説明が省略されることもなく、丁寧に作られた本だと感じた。高校数学の知識があれば、十分についていける。

  • 2000年代後半、プチブームになったオーム社の萌え絵+理数系解説書。
    当時、第一弾の「統計学」を読んだことがある。
    あまり、萌え絵でなくて落胆したが…。

    本書は、絵柄は萌え絵としてはかなり進化している。
    (先生役のメガネ、タイツの娘が気に入りました)
    また、マンガでイントロ、テキストで数式、グラフなどの解説という構成も安定している。
    内容は、主題のフーリエ解析が最後に少しだけ登場するだけで、そのプロセスである「三角関数」「積分」等の解説が、ほとんどといっていい。
    まあ、この構成でかなり頑張ったといえよう。
    しかし、フーリエ解析の題材として音声分析、女子バンドを持ってきている。
    当時は「けいおん!」がブームだったのかなと微笑ましくなる。


    図書館で借りました。

  • 図書館HP→電子ブックを読む 
    Maruzen eBook Library から利用

    【リンク先】
    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000003939

  • 図書館で借り、PDF化した。
    リアル書籍の蔵書ではない。

  • 入門書として良書。
    微積分や三角関数の復習にも良いかも。

  • フーリエ解析を行うための、基本的なアウトラインの考え方が身につく良書だと思う。

    内容は、フーリエ変換の全体のアウトラインを解説し、三角関数、積分と微分のイメージ、関数の四則演算(+ - ×) 関数の直交することを開設した後、フーリエ級数からフーリエ解析という流れになっている。

    三角関数と微分積分を基本として、その延長上にフーリエ変換があることを、料理の例えなどを使うことによって、イメージをつかみやすくしている。学習に必要なのは、このイメージをつかむことだと思うので、このあたりが重要だと思った。

  • 地震波の解析に必要な知識であるフーリエ解析の初歩を勉強するために購入。フーリエ解析・フーリエ変換の基礎の基礎がわかりやすく理解できた。高校生程度の知識があれば2日ですべて読める。フーリエ解析に必要なサイン、コサインから、積分の概念までわかりやすく説明してある。

全15件中 1 - 10件を表示

トレンドプロの作品

マンガでわかるフーリエ解析を本棚に登録しているひと

ツイートする
×