マンガでわかるデータベース

  • オーム社
3.55
  • (8)
  • (24)
  • (19)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 211
感想 : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784274066313

作品紹介・あらすじ

マンガの物語を読みながら、データベースの基礎知識を学ぶ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • データベース最初の一歩に。勧めていただいて購入。まずは4章まででokとのことで。実務に沿って説明してくれるのがわかりやすかった。次はSQL!

  • 安定の分かりやすさ。よいね。

  • データベースとはなんぞや?という人向けの本。
    個人的にも、データベースって何に使うのかわからん、と思っていた時に読んだ。

    内容としては、データベースそのものの役割、利点や、テーブル結合、正規化などデータの加工について説明されている。

    本書に書かれている内容そのものは、Excelなどでデータを扱う際にも必要となってくる内容であると思うので、SQLなどのデータベースを扱わない人にも読んで欲しい一冊。

  • ★本書のメッセージ
    データベースを作って、自由にデータを管理・修正・表示できるようになれば、とっても便利

    ★読んだきっかけ
    SQLを扱う必要があったため。初学用として

    ★本の概要
    データベースの意義、基本的な概念が語られている。マンガでなぜデータベースが必要なのか、物語を通じて理解できるため、分かりやすい。データベースという技術の意義も理解できる。総じて説明は少なめだが、頭の中に最初の大枠を作るには適していると思われる。コードを書くための練習問題もある。

    ただ、もちろんこの漫画を読んだだけで成果を出せるようにはならないので、次の参考書なり、自分なりに勉強を進めていく必要はあるだろう。

    並行してprogateでSQLを学んでいたが、そちらは理論的な面が一切なかったため、こちらの本を読んでよかった。漫画ではあるが、理論やデータベースの意義について語られていたため、実務的な作業を行う前に、頭に入れておいてよかったと思う。

    ◆第一正規系状態
    ・2つにわけるべきテーブルが1つになってしまっている
    ・現実世界の変化による対応ができなくなる。例えば、取り扱う商品コードが増えた、等
    ・候補キーに完全関数従属していない属性が存在する。つまり、主キーが複数あって、そのうち1つだけに従属するような属性があるときは、それは第一正規系である。主キーの一部分だけに従属するような項目があるなら、それは別のテーブルにすることで、正規化できる
    ※候補キーとは、主キーになりうる項目のこと。主キーとなりうる項目に完全関数

    ◆第二正規系
    ・主キーが単一であるか、単一でないかは関係ない
    ・主キーの一部だけに従属する項目を含まアに

    ◆第一正規系と第二正規系の違いは?
    ・単一主キーがあるか、無いか

    ◆第三正規系
    主キー以外によって、そのほかの列が決まることはないようにした表を第三正規系という


    ★正規化のメリットとは
    ・更新漏れが無くなること。正規化によって、同じ情報(事実)を複数もつことがないように構成が整理され、一事実一か所が実現される。もし、一事実を複数箇所にもっていると、その事実が変更されたときには、全て同じ値に変更しなくてはいけない。この変更が失敗、つまり、同じ値でなくてはいけないはずなのに、一部の変更に漏れがあると、事実に矛盾が生じる

  • 読みやすい。自身のようなそもそもデータベース is 何 ? という人間には最初の1冊としてとても良かった。

  • 入門としては良いと思う。データベースいじってみないと分からないこと多い。

  • 8

  • データベースについて漫画と解説文章で親しみやすく
    書かれた本。

    ファンタジーな世界観にかわいらしいキャラクターが
    織りなす物語の中で、データベースについてふわっとした
    全体感を掴めます。入門前の導入として最適なので、
    初めてデータベースに触れる方にオススメします。

    マンガでわかるシリーズは、自分なりにキャラクター
    の声や姿を想像することなどで楽しく学習できるところ
    がメリットだと思います。対象について深くは理解することを
    目的とせず、専門書の前のウォーミングアップ感覚で
    読まれることをオススメします。

  • データベースの概念、基礎知識をマンガで解説した本。
    マンガと解説文が半々で演習問題もあり。
    結構しっかりした内容で後半は全くの初心者にはなんのことだかわからないかも。
    サクッと全体を知るには良いと思う。

  • 少し難しかった。

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1971年東京生まれ。東京大学経済学部卒業。
主な著作に『やさしいC』『やさしいC++』『やさしいJava』 『やさしいJava 活用編』『やさしいPython』『やさしいXML』『やさしいC アルゴリズム』 『やさしいJava オブジェクト指向編』『やさしいPHP』『やさしいWebアプリプログラミング』『やさしいAndroidプログラミング』 『プログラムのからくりを解く』(SBクリエイティブ)、『入門テクニカルライティング』『ここからはじめる統計学の教科書』(朝倉書店)、『親切ガイドで迷わない 統計学』『親切ガイドで迷わない 大学の微分積分』(技術評論社)、『心くばりの文章術』(文藝春秋)などがある。

「2019年 『やさしいC# 第3版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋麻奈の作品

マンガでわかるデータベースを本棚に登録しているひと

ツイートする
×