型システム入門 −プログラミング言語と型の理論−

  • オーム社
4.17
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 191
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784274069116

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読み始めました。

    読書記録を取り始めました。
    http://bit.ly/106mL2c

    プログラマの視点で、何がどう役立つかを考えながら読んでいます。

    訳者の住井英二郎が作ったMinCamlをMacintoshで動かそうとしながら読んでいます。
    ご意見、ご指摘をお願いします。

    ps.
    Software Foundationの輪講には参加しています。
    http://proofcafe.org/sf/

    ps2.
    某TH大学の某U先生が、歴史的な流れ、必要なことについての記述の不十分性を指摘されていました。
    内容がわかりかけたら確認してみます。

    ps3.
    2年前のPPLの時、「何のために」がない研究についての反省を聞いたことがあります。
    型システムが、何のためにあるのかの理解を第一目標にします。

  • 電子ブックへのリンク:https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000007368(学外からのアクセス方法:1.画面に表示される[学認アカウントをお持ちの方はこちら]をクリック→2.[所属機関の選択]で 神戸大学 を選んで、[選択]をクリック→3.情報基盤センターのID/PWでログイン)【推薦コメント:関数型言語に関連の深い型システムについて学べる。】

  • 2018/06/04 二度めの観測 2017/11/30 初観測

  • 和図書 548.964/P62
    資料ID 2013100411

  • SystemFまで読んだ
    もう読まないかも

全8件中 1 - 8件を表示

Benjamin C. Pierceの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェラルド・ジェ...
Joel Spo...
有効な右矢印 無効な右矢印

型システム入門 −プログラミング言語と型の理論−を本棚に登録しているひと

ツイートする
×