プログラミングClojure 第2版

制作 : 川合 史朗 
  • オーム社
3.86
  • (4)
  • (6)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 85
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784274069130

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • Lisp 方言なので、Lisper なら理解するのに苦労はない。
    Java を知ってれば、なおよい。
    今 (2014/6)、PaaS で最もスムーズに利用できる Lisp 族といえば Clojure というところに、この本の価値がある。

  • Clojure がバランスの良い言語であることがよく分かる本。コードが第一級市民であることやシーケンス、STM から多くの気づきやアイディアを得られる。コンパクトにまとめられており、Java と何らかの関数型言語を学んでいれば読むのに苦労はしないと思われる。Leiningen には最初から最後までお世話になる。

  • 推薦者 情報システム工学科 曽根宏靖 先生

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50101486&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • Clojure最初の本だからよく分からない.というかClojureの本種類がないから比べられない

  • Java 仮想マシンの上で動作しながら、 Lisp のように強力な言語、それが Closure である。「Lisp リローデッド」とも表現されるこの言語を学ぶ上で、本質的に重要な部分を説明してくれる本。ある程度プログラミングを触ったことがある人で、Ruby/Python/Perl の一般的なスクリプト言語や、Java/C++を触ったことがある人が、関数型チックな言語に入門したい。Lisp チックな言語を触ってみたい。エッジが効いてクールな言語を触ってみたい。などと思った時には読んでみる価値があると思われる。(コンピュータ科学専攻)

    配架図書室:工2号館図書室
    請求記号:007.64:H21

    ◆東京大学附属図書館の所蔵情報はこちら
    https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/opac_details/?reqCode=fromlist&lang=0&amode=11&bibid=2003152333&opkey=B147995712317838&start=1&totalnum=1&listnum=0&place=&list_disp=20&list_sort=6&cmode=0&chk_st=0&check=0

  • 2

  • 和図書 548.964/H21
    資料ID 2013100536

全7件中 1 - 7件を表示

プログラミングClojure 第2版のその他の作品

プログラミングClojure 第2版 Kindle版 プログラミングClojure 第2版 Stuart Halloway and Aaron Bedra

Stuart Halloway and Aaron Bedraの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ブライアン カー...
ジェラルド・ジェ...
有効な右矢印 無効な右矢印

プログラミングClojure 第2版を本棚に登録しているひと

ツイートする