Rによる多変量解析入門 データ分析の実践と理論

  • オーム社
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 88
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784274222368

作品紹介・あらすじ

多変量解析手法の理論と実践をバランスよく習得できる!
様々な媒体、経路を通じて大規模データが、驚くほど低コストで入手できるようになった現在、多変量解析手法に習熟したデータサイエンティストに対する学術界、ビジネス界からのニーズは非常に高まっており、これに対して大学や企業では、高いデータ解析力を持った人材の育成に注力し始めています。しかし、多くの多変量解析についての学習書は、理論的な説明に終始し、実務場面でどのように利用されているかについて、殆ど配慮がない野が現状です。
そこで本書は、多変量解析手法の理論と実践をバランスよく解説することで、統計が得意ではない大学生や実務者にも利用しやすい構成とし、本書1冊で多変量解析手法を実務に応用できるまで習得できる内容となっています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • R初心者の自分にとって辞書的に手元に置いて、必要なときに開く本です。
    事例に似た設定でデータ収集、分析をやる場合は便利だと思います。

  • https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000078545

    学外からの閲覧方法
    1.学認アカウントをお持ちの方はこちらをクリック
    2.「長岡技術科学大学」と入力して、選択をクリック
    3.統合アカウントを入力してログインする
    4.同意方法を選択して同意をクリック

  • リファレンスがわりに何度も開くと思う。
    具体例が今の課題に対する解(になりそうな)をイメージさせてくれるのが良い。

  • 系推薦図書 4系(応用化学・生命工学系)
    【配架場所】 図・3F開架
    【請求記号】 417||KA

    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=189073

  • 東2法経図・6F開架 417A/Ka92r//K

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

川端/一光
明治学院大学准教授 博(文)

「2021年 『Progress & Application 心理統計法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川端一光の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×